トリートメント リンス

93%の育毛成功率とは?レーザーの威力は本当だった!


トリートメント・リンスについて

トリートメント・リンス

 

男性の皆さんは髪の長さがそれほど長くないのでトリートメントやリンスを
使わない人もおられるでしょう。

 

ショートヘアならなおさら使いませんよね。
シャンプーしたらタオルで突き上げて終わりって人も多いでしょう。
でも、それでいいと私は思います。

 

なぜならショートヘアは髪が痛むことがほとんど無いからです。

 

髪が痛むのは、紫外線、ドライヤーの熱、
無理なブラッシングなどが原因だからです。

 

髪が短いとドライヤーも使わないし、
ましてやブラッシングなんて必要ありませんから。

 

ですから育毛からみるとトリートメントやリンスはそれほど重要視していません。

 

ただ、そうはいっても髪の痛みに敏感な人もおられるでしょうから
このページでは簡単に触れておきます。

 

まず、トリートメントもリンスも髪を保護するという働きがあります。
ですからどちらを使っても良いのです。

 

しかし、キューティクルが傷んでいるような場合には
トリートメントがおすすめです。

 

なぜならトリートメントはキューティクルのすき間に入り込み、
髪の内部からも保護することができるからです。(リンスは表面だけです。)

 

トリートメントの使い方は、
シャンプーした髪に揉み込むようにして塗布します。

 

この時、髪同士をこすりあわせないようにして下さい。
これをすると髪の表面がさらに痛みます。

 

言っておきますが、髪の表面のキューティクルは
髪が濡れている時が傷みやすいのです。

 

なぜなら髪が水分を含んでいると表面のキューティクルは開いているからです。

 

開いたキューティクル同士が触れ合うと
お互いがお互いを傷つけてしまいます。
(乾燥している時はキューティクルはしっかり閉じています。)

 

髪全体にトリートメントを塗布したら、
ラップかお湯でしぼったタオルで髪全体を包みます。

 

ここで5分ほど放置しておくと髪の内部に染みこんで行きます。

 

後は、しっかりすすいで終わりです。

 

言っておきますが、すすぎはじゅうぶんに行って下さい。
シャンプーもトリートメントもどちらも
十分にすすぎながすことが大事です。

 

髪や頭皮にシャンプーやトリートメントの成分を
出来るだけ残さないようにしましょう。

 

 

最近では、流さないトリートメントも発売されています。
これは、出かける前などにも使えて便利です。
女性で髪の痛みが気になる人は使ってみても良いでしょう。

 

いろんなトリートメントを集めてみました。

 

トリートメント特集はこちら←←