脂漏性脱毛症 特徴

脂漏性脱毛症の特徴

脂漏性脱毛症

 

脂漏性脱毛症とは、頭皮の皮脂が必要以上に分泌されて起こる脱毛症です。

 

髪もべたついているのでボリュームが出にくく触るとベタっとしています。

 

フケもべたついて、フケそのものも大きな固まりになっている場合が多いです。

 

脂漏性脱毛症は比較的、男性に多い脱毛症ですが、まれに女性にも見られることもあります。

 

 

脂漏性脱毛症になりやすい人は、食生活の乱れ(脂っこい食事)があったり、ストレスや運動不足、
それから睡眠不足などの特徴が見られます。

 

これらはどれも皮脂の分泌が多くなる原因としても知られています。

 

対策としては以下が挙げられますので参考にして下さい。

 

 

脂漏性脱毛症対策

 

・こまめにシャンプーする。
過剰に分泌される皮脂を取り除くためには毎日のシャンプーがおすすめです。
よく洗い過ぎは良くないと言う人がいますけど、一日に一回のシャンプーは洗い過ぎには当たりません。
特に汗をよくかく仕事をしている人、スポーツをしている人、汚れやすい環境にいる人などは毎日シャンプーをして下さい。

 

ただし、例外もあります。
それは頭皮が乾燥している人です。

 

乾燥しているということは、それだけ皮脂の分泌が少ないわけです。
皮脂が少ないために髪や頭皮はカサカサに乾燥しているのです。

 

乾燥肌の人は2日〜3日に一度のシャンプーでも良いでしょう。
大事なのは頭皮や髪の状態を見てからシャンプーすると言うことです。

 

 

 

・リンスは使わなくても良いでしょう。

 

リンスは髪の表面に膜を作り痛まないようにするものです。
ですから皮脂の分泌が盛んな人はあえてリンスをする必要はありません。

 

 

・脂っこい食事や糖分は控えましょう。

 

頭皮がべたつく人は食事も脂っこいものを食べているようです。
普段からこのような食事を好む人は注意して下さい。

 

 

・育毛剤を使って頭皮のマッサージを行いましょう。(頭皮の血行促進)

 

育毛剤とマッサージはとても相性が良いです。
どちらも頭皮の血行が良くなるので頭皮の新陳代謝がスムーズになります。
これは髪の毛を作り出す毛母細胞を活発にさせることにもつながるのです。

 

 

 

ここまで脂漏性脱毛症対策について書いてみましたが、
ただし、あまりにも皮脂の分泌がひどい場合には皮膚科に相談してください。

 

 

一般男性は乾燥肌よりも脂性の場合が多いですが、
脂漏性脱毛症はさらにその症状がひどいので自覚もあると思います。

 

行きつけの理容店や美容室がある場合には、担当の技術者に相談してみるのも良い方法です。

 

なぜなら行きつけのサロンならあなたの頭皮や髪の状態はしっかりと把握しているからです。

 

それにカットの際に相談すれば良いので相談しやすい環境でもあります。

 

サロンの技術者は髪のプロですから遠慮しないで積極的に相談してみましょう。