育毛シャンプー

93%の育毛成功率とは?レーザーの威力は本当だった!


育毛シャンプー

育毛シャンプー

 

育毛シャンプーについて書く前に確認しておきたいことがあります。
それは、「あなたは自分の頭皮のタイプを知っていますか?」ということです。

 

育毛は、まず自分の頭皮の状態を知ることからはじめます。
ここがわからないとシャンプーや育毛剤を選ぶ時に困りますので。

 

ところで、あなたの頭皮は脂性、乾性のどっちですか?

 

自分の頭皮の状態がよくわからないという場合には、
1〜2日ほど髪を洗わないで様子を見て下さい。

 

その後、頭皮を指で触ってみて、ベタつきを調べてみましょう。
脂生なら頭皮がベタベタして脂っぽい状態になっているはずです。

 

乾性なら逆にカサカサして乾燥している状態です。
そのどちらでもない場合は、便宜上ここでは普通肌と呼ぶことにします。

 

一般的に男性は脂性の人が多く、女性に乾性の人が多く見受けられます。

 

また、フケでも見分けることができます。

 

粉雪みたいなパラパラとした細かいフケが出るようなら乾性、
固まったフケが出るなら脂性です。

 

ただ、フケがあまりにも目立つようならばこの時点で、
フケ専用のシャンプーを選んで下さい。

 

さて、ここからは一般的な育毛シャンプーの選び方を説明します。

 

まず脂性肌の人の場合は、
皮脂が普通の人よりも多く分泌されますので、
毎日のシャンプーが必要になります。

 

逆に乾燥肌の人は皮脂の分泌が少ないので
2日に1度のシャンプーで良いです。

 

ただし、髪が汚れたりした場合は洗って下さい。

 

シャンプーは弱酸性のものを選びましょう。
なぜなら頭皮が弱酸性だからです。
同じPHのシャンプーが頭皮に優しいシャンプーと言えます。

 

市販のシャンプーであればアミノ酸系のものもおすすめです。

 

ドラッグストアなどで買う場合、
もしもサンプルなどがある場合は
もらってきて実際に洗ってみられると良いでしょう。

 

洗った後の爽快感、洗浄力や保湿、乾かした時の髪の触り心地など、
シャンプーによっても違いますから、数種類使って決めれば良いです。

 

シャンプーの際は髪の毛はもちろんですが、
より頭皮を重点的に洗って下さい。

 

指の先で頭皮をマッサージ(揉むような感じ)をする要領で動かしながら洗います。

 

すすぎにも時間をかけて下さい。
シャンプーの泡が落ちたら、さらにすすぐという感じです。

 

シャンプーの成分が髪や頭皮に残らないことが重要です。
これはリンスやトリートメントを使う場合も同じです。