AGAの検査ってどういうことをするの?詳細を徹底解説!

AGA

AGAの検査って何をするの?

AGA検査(AGAチェック)ってどんなことをするのか気になりませんか?

薄毛が気になってAGA治療を検討している場合、事前に知れることがあれば知っておきたいですよね。

しかしAGAはデリケートな悩みであるため、検査のことなんて人に聞きにくいものです。

そこで今回は、AGAのチェック内容について詳しく解説していきます!

周りの人に聞かなくても、これを読めば検査のことを知ることができますよ。

それでは、チェックの内容や費用・メリット・デメリットについて説明していきましょう。

AGA検査で行うことって?

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

AGAは、生活習慣や遺伝・日常のケア・生活環境など多くの要因によって発症します。

そのため、症状や原因は人それぞれ異なるのです。

一人一人のAGAの原因を調べて、適切な治療を行うためにAGAチェックを行っています。

万が一、原因と異なる治療を行ってもAGAの改善は効果が期待できません。

また、検査によって取り組みたい薬が体に合うのかどうかも調べるのです。

それでは、AGA検査について以下に解説していきましょう。

頭皮の検査

AGA検査では、まず頭皮の検査から行うのです。

頭皮の検査では、頭皮がどのような状態になっているのかをチェックします。

専門医が視診することによって、脱毛の状態からAGAかどうかを判断します。

ここで、AGAによる抜け毛か病気による抜け毛かが分かるのです。

病気による抜け毛の場合は、その病気が原因で抜け毛が発生しています。

そのため、AGA治療を行っても、根本的な病気が改善しなければ薄毛が改善しない可能性があるのです。

それでは、具体的にどのような頭皮の検査をするするのか解説していきます。

髪や頭皮の状態をチェックしてもらえる

髪や頭皮のチェックもまた、AGA検査の1つです。

髪や頭皮の状態を知ることは、何が原因で薄毛が発症しているのか知ることができます。

髪や頭皮の状態をチェックしている内容は、以下のとおりです。

  • 生え際が後退していないか
  • 頭頂部が薄くなっていないか
  • 頭皮が乾燥していないか
  • 頭皮に皮脂が過剰に分泌されていないか

また、頭皮のチェックでは毛穴の状態や毛の太さ・密度など細かい部分まで調べるのです。

最適な治療方法を得られる

頭皮の検査をすれば、最適な治療法が分かります。

この検査で、一人一人に合う内服薬や外用薬・その他の治療法がわかるのです。

AGA検査で頭皮や髪の状態を調べることによって、より早い治療法を知ることができますよ。

専門医にちゃんと診てもらえれば、自己判断であれこれ試すよりも早く薄毛が解決する可能性があるのです。

自分に合わない治療を継続しても、薄毛の改善は効果が期待できません。

また、治療に費やす時間やお金・手間がすべて水の泡にもなりかねないのです。

そのため、自分に合うベストな治療方法が知れるのは、AGA改善の近道とも言えますね。

遺伝子検査

遺伝子を調べることは、AGAの検査で重要となります。

この検査により、生まれつきAGAになりやすい体質なのかどうかがわかるのです。

両親や祖父母に薄毛の人がいる場合は、遺伝的要素が考えられます。

日本国内で行われている遺伝子検査には、以下の2種類がありますよ。

  • ①SNP検査
  • ②CAG・GGCリピート調査

2つともあまり聞き慣れない検査名ですよね。

これら検査・調査では、薄毛が遺伝によるものなのかどうかを調べます。

それでは、上記①と②につきましてさらに掘り下げて以下に解説していきましょう。

SNP検査

まずは、SNP(スニップ)検査から解説します。

私たちの体にある遺伝子は、両親から受け継いだDNAによって作られているのです。

この遺伝子は、99.9%の確率で情報が共通しています。

しかし、0.1%に個人差や異常が見受けられるのです。

これをSNP(一塩基多型)と呼んでいます。

この検査によって、生まれつきAGAになりやすいのかどうかを調べることができるのです。

ただし、この検査によってAGAが発症しやすいと判断されてもAGAを発症しないこともあります。

また、AGAが発症しやすいと分かってもどのくらいの確率で発症するか明確ではありません。

AGAが発症しやすい病気を抱えている場合は、遺伝子の有無に関わらずAGAが発症しやすくなるのです。

CAG・GGCリピート検査

続きまして、CAG・GGCリピート検査です。

この検査は、X染色体上にある男性ホルモン受容体遺伝子が検査の対象となっています。

この遺伝子にある塩基のうち、「CAG」と「GGC」という配列がいくつリピートされているのか調べるのです。

CAGとGGCとは、以下を意味しています。

①CAG

C:シトシン、A:アデニン、G:グアニン。リピート数が少ないとプロペシアが効きやすい。

②GGC

G:グアニン、G:グアニン、C:シトシン。リピート数が少ないと薄毛が発症しやすい。

CAG・GGCリピート検査では、この2つのリピート数を足した値で、AGAが発症されやすいかどうか判断します。

2つのリピート数によって、どのような薬が合うのか判断できるのです。

AGA検査を受けに行くメリットとデメリット

AGA検査でどのようなことを調べるのか分かりましたね。

自分に合う薬が判断できるので、より薄毛の改善に効果が期待できますよ。

では次は、AGA検査を受けるメリットとデメリットについて解説していきましょう。

自分がAGAかどうか調べるだけなのに、検査には実はデメリットもあるのです!

そのため、AGA検査を受ける前にメリットとデメリットの両方を学んでおきましょう。

検査を受ける直前になってデメリットを知ると、薄毛治療にも前向きになれませんよね。

なので、両方を知った上で、検査を受けるかどうか判断することをおすすめしますよ。

メリット

それでは、まずはAGAチェックのメリットから解説していきましょう。

メリットを知ることによって、検査の重要性を知ることができますよ。

以下に検査のメリットについて3つ解説しますので、見落とさずに確認してくださいね。

1.専門医が診てくれる

まず、専門医が診てくれることがメリットです。

チェックを受ける際、専門医が診てくれるため確実な診断を受けることができます。

また、問診やチェックの結果を元に、医師が薄毛の原因を判断してくれるのです。

自分の頭皮の状態が検査の結果にでるため、説得力もありますよね。

「百聞は一見に如かず」ということわざがありますよね。

人から色々聞く薄毛対策よりも、手元にある検査の結果を見た方がいいのです。

自分の薄毛の原因は何なのか、遺伝的特徴があるのかどうかなど医師の判断をまずは参考にしましょう。

2.すぐに医師に質問できる

すぐに医師に質問できることも、メリットの1つです。

専門機関では、調べた内容の結果でわからない点をすぐに医師に質問ができます。

また、薄毛の原因や対処法なども疑問点はその場ですべて聞けるのです。

不安なども解消するため、心強いのではないでしょうか。

また、頭皮や髪の状態で気になる点がある場合もすぐに相談することもできるのです。

今まで悩んでいたことがすべて解決されるので、スッキリしますよ。

薄毛が発症した原因や対処法など直接聞けるので、より早い改善が見込めるのです。

3.治療薬を検査の流れで購入できる

治療薬をそのまま購入できることも、メリットの1つです。

自己判断で育毛剤や発毛剤を試しても、確実に改善できる保証はありません。

また、薄毛の原因と合っていない対策をしていると改善は見込めないのです。

しかし、専門医の検査を受けた場合、その結果に基づいて治療薬が購入できます。

説明をしっかり受けて納得した状態で治療が始められるのは、やる気も湧きますよね。

自分の症状に合った治療薬がその場で購入できるので、より適切な治療法をスタートすることができるのです。

デメリット

メリットを解説したところで、次はAGA検査のデメリットを解説していきましょう。

デメリットを知ることによって、検査当日に「こんなはずではなかった」を防ぐことができますよ。

それでは、デメリット2つについて解説していきます。

1.費用が高い

費用が高いことは、デメリットの1つです。

専門医からの検査を受けると、それだけでおよそ1万円前後かかります。

1回の診察や検査で1万円は、決して安い費用とは言えませんよね。

これは、AGA検査が保険適用外であることが理由に挙げられるのです。

検査を行ったときは治療薬が処方されることも多くあります。

その場合は、トータルで2万円程度かかるのです。

また、AGA治療は1度検査を受ければ終わりではありません。

その後も定期的に通って治療薬を購入する必要があるため、費用がかかることは覚悟が必要なのです。

2.毎検診ごとに足を運ばなくてはならない

続きまして、通院する必要があることです。

先ほども言ったように、AGA治療は1回治療薬を購入すれば終わりではありません。

半年以上の期間をかけて、1ヶ月毎に通い続ける必要があるのです。

そのため、毎検診ごとに医療機関に足を運ばなければいけません。

医療機関で診察してもらう予約を取り、時間を確保することはデメリットの1つと言えるでしょう。

AGA検査はどこで受けることができるの?

AGA検査のメリットとデメリットが分かりましたね。

検査に費用がかかるデメリットはありますが、保険が適用されていないため費用は受け入れるしかありません。

しかし、専門医からの検査では自分の頭皮で起きている薄毛の根本的な原因が知れるのです。

そのような意味では、メリットが非常に大きいと言えるのではないでしょうか。

それでは、以下にそんなAGA検査が受けられる場所を紹介します。

どのような場所で受けられるのか、生活圏内にそれがあるのかなどチェックしてみましょう!

AGA専門クリニック

AGA専門クリニックでは、AGA検査が受けられます。

AGA専門クリニックは、AGA治療に特化した医療機関です。

そのため、より専門的にAGAチェックや治療をしてくれますよ。

AGA専門クリニックでは、過去の成功症例や実績・経験などを元に治療に取り組んでいます。

一人一人の頭皮の状態や検査の結果を元に、それぞれに合うベストな治療を提供してくれるのです。

以下におすすめのAGA専門クリニックを3つ紹介します。

検査内容や費用・特徴など、しっかり確認してくださいね。

1.銀座総合美容クリニック(銀クリ)

銀座総合美容クリニックは、東京都港区にある薄毛専門クリニックです。

安心の治療費設定や、効果分析などに力を入れている特徴があります。

また、一人一人の髪や頭皮の状態に合う治療法を提供してくれますよ。

AGA検査内容と費用は以下のとおりです。

血液検査 税込5,400円
初診・診察費用 税込み3,240円
カウンセリング 無料
1ヶ月あたりの内服薬 税込み7,020~18,900円

このクリニックでは、初回時は少なくとも15,660円かかることがわかります。

しかし、AGAチェックを行うことによって最適な治療薬を提供してもらえるのです。

2.ヘアメディカル

ヘアメディカルは、東京・名古屋・大阪・福岡と全国4地域に6院を展開しています。

豊富な改善事例を持つこのクリニックは、190万人の治療実績がある特徴があるのです。

また、主要駅から徒歩5分に位置しているだけでなく土日祝日も診療を行っていますよ。

AGA検査内容と費用は以下のとおりです。

血液検査 税込5,400円
初診費を含む診察費 税込5,400円
カウンセリング 無料
再診費・1ヶ月あたりの内服薬 税込16,200~34,560円

このクリニックでは、初回時は少なくとも27,000円かかります。

しかし、どこの院でも主要駅から徒歩1~8分以内と立地の良い場所に位置しているので通いやすいですよ。

3.東京AGAクリニック

東京AGAクリニックは、東京や仙台・栃木など全国に7院を展開しています。

このクリニックは、症例数・経験・効果実感者数が他のクリニックと比べて断トツで多い多い特徴があります。

また、最小限の費用で最大の効果がでるように努めてくれるのです。

AGA検査内容と費用を以下に紹介します。

血液検査 不明
1ヶ月あたりの内服薬 税込4,500~7,000円
カウンセリング・初診料 無料

このクリニックでは、初回時は少なくとも4,500円かかります。

血液検査代が公式サイトに記載されていないのですが、他のクリニックと比較しても低価格であることがわかりますね。

皮膚科

皮膚科でも、AGA検査が受けられます。

総合病院の皮膚科では、脱毛症を外来を設けているところもあるのです。

そのような場所では、脱毛症の専門医によるAGA検査を受けることができますよ。

皮膚科でのAGAチェックは以下のとおりです。

①頭皮の確認

専門医による問診と視診で、頭皮や髪の状態をチェックする。

②採血による遺伝子検査

遺伝的特徴があるのかどうか、適切な薬が何なのかを調べる。

また、病院でのチェックではAGAなのか他の病気が併発しているのかを調べることもできます。

万が一他の病気が疑われる場合は、他の科を紹介してくれますよ。

まとめ

いかがでしたか?

AGA検査について、内容や費用など理解していただけましたでしょうか。

薄毛が気になってきたとき、育毛剤や発毛剤を使うのは決して間違った判断ではありません。

しかし、その薄毛の原因がAGAでない場合、ケアをしても薄毛の改善は見込めないのです。

そのため、薄毛が気になってきた時は、まずはAGA検査を受けることをおすすめしますよ。

頭皮や髪の状態を専門医に診てもらい、1日も早い対策を始めてみてはいかがでしょうか。