AGA対策を徹底解説!運動だけで改善できるの?

AGA

AGAを対策したい!気軽にできる方法はないの?

最近、髪の毛の抜け毛や薄毛が気になってきたので、もしやAGAでは?

そう思っていても、具体的にどのように対策をすればいいのかわからない方も多いと思います。

気軽にできる方法があるなら、すぐにでも対策したいですよね。

実はAGA対策の1つとして、運動を勧める意見や情報があります。

運動は人間の身体にさまざまな良い影響を与えてくれますが、AGAの対策としては実際のところどうなのでしょうか。

そこで今回は、AGAとはなに?AGAの原因は?といったことから、運動はAGAの対策として効果があるのか徹底解説します。

後半には、本格的なAGAの対策方法や、番外編として髪の毛に良い生活習慣まで、具体的にご紹介しますので最後までお見逃しなく!

そもそもAGAとは?

AGA(Androgenetic Alopecia)とは薄毛の症状の1つで、男性型脱毛症のことです。

一般的に成人男性によくみられる症状で、頭頂部(つむじの辺り)と前頭部(おでこの生え際)が、同時またはどちらか一方の薄毛が目立ってくることが特徴です。

以前は30代から50代の方に多くみられていましたが、最近では20代の方のAGAの割合が増えてきています。

またAGAはゆるやかに進行することが特徴で、気づかなかったり何もしなかったりで、そのままにしておくと薄毛が目立ってきます。

ただし薄毛になっても、うぶ毛は残っており、毛包が存在している限り丈夫で強い髪の毛が育つ可能性がありますので、早めに対策することが大切です。

AGA対策は運動だけで大丈夫?

運動はAGA対策としての効果はあるのでしょうか?

結論から言うと、AGAの症状に関しては運動だけの対策では不十分であると言えます。

実際に適度な運動は、人間の身体に良い影響を与え、薄毛やハゲにも効果的だとされています。

運動だけでAGA対策が不十分だとお伝えしたのは、薄毛の原因がAGAなのかどうかによって、運動が効果的かどうか変わってくるためです。

それではAGA対策として運動だけでは不十分な理由をこれから解説していきます。

運動だけではAGA対策が不十分な理由

運動は薄毛やハゲに効果的なのに、どうしてAGA対策としては不十分なのでしょうか?

それは一括りに薄毛といっても、その原因が異なっているからです。

まずはAGAの原因について詳しく解説しますので、確認していきましょう。

AGAの原因とは

AGAの主な原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)の働きによって、髪の毛のヘアサイクルが乱れることです。

DHTは、男性ホルモンの1種であるテストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結合することで生成されます。

そのDHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことによって、ヘアサイクルが乱れてしまうんです。

正常時のヘアサイクルは成長期が2年から6年もの期間がありますが、AGAの場合は数カ月から長くても1年です。

その結果、髪の毛が充分に成長することができずに薄毛が進行してしまいます。

AGAの予防や対策には、このDHTを生成されないように抑制することが重要なポイントです。

運動ではDHTを抑制できない!

それでは実際に、運動をすることでAGAの原因であるDHTを抑制することはできるのか?

これについてですが、運動でDHTの生成を抑制することはできません。

運動をすることによる発汗作用で、体内に生成されたDHTを体外に排出する効果は期待できます。

ですが運動だけではDHTを抑制する効果はなく、AGA対策として充分とはいえません。

ただし運動には、次からご紹介する良い効果がありますので、できることなら運動することをおすすめします。

運動が髪に与えるいい影響とは

運動でAGAの原因であるDHTを抑制することはできないとお伝えしました。

しかし適度な運動は、私たちの身体や髪の毛に良い影響を与えることも事実です。

運動をすることで髪の毛に与える良い影響には何があるのか、具体的にご紹介します。

ストレス解消になる

1つめは、運動をすることでストレスの解消につながります。

ストレスは精神的に大きな負荷を与え、身体が緊張状態になることで血流が悪くなり、頭皮に充分な血液や栄養素が行き渡りにくくなります。

その結果、髪の毛の成長が妨げられてしまい、抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです。

またストレスによって、不眠・過食・食欲不振などになってしまうことも。

しっかりと睡眠をとることは髪の毛の成長に欠かせませんし、食生活のバランスが崩れることも髪の毛の成長に良くありません。

運動をして気持ちの良い汗をかくことは、気分転換にもなりストレスの発散ができますので、髪の毛にとって良い対策です。

血行を促進できる

運動が髪の毛に与える良い影響の2つめは、血行促進の効果です。

血流が良くなると頭皮まで栄養素が行き渡りやすくなり、髪の毛の成長に良い影響を与えます。

運動不足は肥満にもつながり、体脂肪が増えることで血管が収縮し、身体全体の血行が悪くなるという悪循環に陥ります。

そのため運動をすることで新陳代謝が良くなり、肥満になりにくい身体を作ることができるでしょう。

ただ忙しい現代人は、慢性的な運動不足になりやすく、意識的に体を動かす必要があります。

心肺機能に大きな負荷をかける必要はなく、ウォーキングやジョギング、ストレッチなどの有酸素運動で充分ですので習慣化することが大切です。

本格的にAGA対策をするならどうすればいいの?

運動をすることは髪の毛に良い影響を与えることは確かですが、AGA対策としてはやはり不十分といえるでしょう。

AGAの原因は男性ホルモンの1種であるDHTですので、運動だけでDHTを抑制することはできないとお伝えしました。

それでは本格的にAGA対策をするにはどうすればいいのでしょうか?

これから本格的な対策方法についてご紹介していきます。

また運動も継続して行うことで効果は大きくなりますので、無理のない範囲で毎日の習慣にすることが大切です。

育毛剤を使う

本格的なAGA対策の1つめとして、育毛剤を使ってみましょう。

ただ育毛剤はたくさんの種類があり、

  • どれを選べばいいかわからない。
  • どれも効果がある良い育毛剤に思えてきてしまう。

という方が多いので、AGA対策として効果が期待できる育毛剤をピックアップしてご紹介します。

チャップアップ

販売数が多く人気の高くAGA対策としておすすめの、チャップアップの育毛剤。

チャップアップの育毛剤は、

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ジフェンヒドラミンHCI

3つの育毛有効成分で髪の毛の成長を促します。

55種類の天然成分と15種類のアミノ酸成分の配合されており、育毛効果が期待できます。

また無添加無香料の医薬部外品ですので、頭皮への作用はゆるやかですので、安心して使用できることもポイントの1つです。

2017年12月から定期購入の返金保証が、30日間から期限なしの永久返金保証になりました。

万が一、使用しても満足できない場合でも返金できますので、安心してチャップアップの育毛剤を試してみることができます。

本格的なAGA対策として、チャップアップの育毛剤はおすすめです。

イクオス

お客様満足度97.5%を誇る、薬用育毛剤イクオス。

独自調合されたAlgas-2といわれる成分が、AGA対策に効果的です。

Algas-2には

  • ミノキシジルと同等の発毛効果があると言われているM-034
  • 保水力に優れた海藻由来のペルベチアカナリクラタエキス

が凝縮配合されており、髪の毛や頭皮を強く育てる効果が期待できます。

またAGAの原因となるDHTや5aリダクターゼの働きを抑制する成分も配合されていますので、抜け毛や薄毛を防ぐ効果も期待できるでしょう。

その他にも頭皮環境の改善に効果が期待できる成分や、血行促進の効果がある成分が多数配合されています。

国内生産で天然由来の成分を使用し、無添加の育毛剤ですので、AGA対策の育毛剤として安心して使用できます。

ブブカ

ブブカの育毛剤には以下の4つの薬用有効成分が配合されています。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • クジン抽出液
  • DL-a-トコフェロール

これらの4つの有効成分は、育毛や脱毛の予防などの効果が認められた成分です。

抜け毛を防ぎ、頭皮環境を整え発毛促進の効果が期待できます。

その他にもM-034といった海藻エキスが複数配合されていますので、頭皮のうるおいアップと頭皮を健やかな状態に育てます。

またアルコール配分量を極限まで減らすこと、シリコン・石油系界面活性剤・香料といった化学物質をできるだけ使用していないことも特徴です。

バランスのとれた育毛剤として、AGA対策におすすめできる商品がブブカです。

AGA専門のクリニックに行く

もう1つの本格的なAGA対策として、AGA専門クリニックに行くことも検討してみてはいかがでしょうか?

  • AGAがある程度進行していて、早めにAGA対策をしたい方。
  • 色々な対策をしたが薄毛や抜け毛が改善されない。
  • 適切なカウンセリングを受けながら、安心してAGA対策をしたい方。

このような方はAGAの専門クリニックで、適切な対策・治療を行うことをおすすめします。

銀座総合美容クリニック

顧客満足度のより高いAGAクリニックを目指している、銀座総合美容クリニック。

都内に1店舗だけで多店舗展開していないこともその理由の1つです。

専門医師やカウンセラーによる治療前の無料カウンセリングが丁寧でありながら、無理に勧められるといったこともありません。

そのため初めての方でも、自分が納得するまで話しを聞きAGA治療を開始することができます。

また、カウンセリングや診察・施術も完全個室対応ですので、プライバシーの面でも安心です。

AGA治療に関しては、症状に合わせ内服薬の処方や育毛メソセラピーを行っています。

費用は、カウンセリング無料、初診料3,240円など、負担が少なく設定されていることもおすすめのポイントです。

公式サイトに記載されている以上の請求はありませんので、安心して治療に専念することができます。

AGAスキンクリニック

オンラインでAGA専門医師が診察する遠隔治療を行っている、AGAスキンクリニック。

初診時は専門医師と対面での診察が必要ですが、2回目以降は遠隔診療アプリを使用し、来院せずにAGA治療を継続していくことが可能です。

またAGAスキンクリニックは全国に50院以上あり、遠隔診療だけで不安な場合は直接カウンセリングを受けに行くこともできます。

2018年4月からは、東京の池袋・品川、大阪の梅田・西梅田で、深夜23時まで診療できることになり利便性が向上しました。

AGA治療は、内服薬の処方や、AGAメソセラピー以外にも幅広いAGA治療の選択肢がありますので、症状に合った治療を受けることができます。

AGA治療の費用は、無料カウンセリングのほか初診料や血液検査費用の無料キャンペーンを定期的に実施しています。

ヘアメディカル

発毛専門の経験豊富な医師が自身を持って治療を行っている、ヘアメディカル。

血液検査や診察によりそれぞれの症状に合わせたオーダーメイドのAGA治療を行っています。

現状維持の治療を行うのか、発毛を目的として治療を行うのか、無料カウンセリングの段階からじっくりと相談して治療を開始することができます。

治療に必要な費用も明確にされており、月々最大でも32,000円以上はかかりません。

お支払いに関しても、現金かクレジットカードの都度払いになっています

そのため先々の治療費を前もってローンを組んで契約する、といったことがありませんので安心して通院することができます。

東京・大阪・名古屋・福岡と4店舗だけですので、周辺にお住いの方にはおすすめのAGA専門クリニックです。

【番外編】運動だけじゃない!髪に良い生活週間

運動以外にも気軽に行うことができる薄毛・ハゲ対策をこれからご紹介します。

AGAは男性ホルモンや遺伝の影響が大きく根本的な対策にはなりませんが、髪の毛に効果的な対策ですので、ぜひ実践してみてください。

髪の生成に必要な栄養を食事で摂取する

髪の毛に必要な三大栄養素は、タンパク質(アミノ酸)、ビタミン、ミネラルです。

髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質で、ケラチンは18種類のアミノ酸で構成されています。

そのアミノ酸のうち7種類が必須アミノ酸で、体内で作り出すことができないため、食事から摂取することが必要です。

タンパク質は主に大豆や牡蠣、鶏肉などに含まれています。

ビタミンやミネラルも髪の毛の成長に欠かせない栄養素ですので、食事から積極的に摂取していく必要があります。

また現状では科学的な根拠はありませんが、亜鉛やイソフラボンがAGAの原因であるDHTを抑制するという説もあります。

ただし過剰に摂取することは身体に悪影響を及ぼす可能性がありますので、適度に摂取することをおすすめします。

最低でも6時間以上寝る

睡眠中は成長ホルモンの分泌が活発に行われ、

  • 脳や身体の疲れの回復
  • ストレスの解消
  • 髪の毛や頭皮などの修復

といった、日中に受けたさまざまなダメージを回復する効果があります

そのため慢性的に睡眠不足の状態が続くと、身体へのダメージが蓄積していき、結果的に頭皮や髪の毛にも悪い影響が出てきてしまいます。

また睡眠時間を確保すること睡眠の質を上げることも大切です。

人間の身体には睡眠サイクルがあり、7~8時間の睡眠が理想ですが、仕事や家庭などの事情でなかなか充分な睡眠時間が確保できない方もいるでしょう。

そのような方は、最低でも6時間は睡眠できるように生活リズムを改善することがおすすめです。

成長ホルモンが多く分泌される時間帯は夜の22時から2時までと言われています。

この時間帯にノンレム睡眠(深い眠り)に入ることで、成長ホルモンの分泌が特に盛んな状態になり、髪の毛に良い影響を与えることができます。

ストレスを発散する

ストレスをため込むことは、髪の毛だけではなく体にも良くありませんので発散しましょう。

今回、髪の毛のことを考えたストレス発散の方法として、おすすめなのは頭皮マッサージです。

頭部のツボを刺激し筋肉をもみほぐすことで、自律神経が安定し血行促進の効果やストレスケアが期待できます。

頭皮マッサージを行う際は、頭皮に傷をつけないように爪を立てずに指の腹で行うことが大切です。

先にご紹介した運動や睡眠の他にゆっくりと入浴することも、心身のリラックスや血行促進の効果があり、ストレス軽減が期待できます。

ストレス発散の方法は人によって、カラオケに行く、好きなものを食べる、旅行に行く、散歩をするなどたくさんの方法があると思います。

そのため自分に合った方法でストレスを発散することも大切です。

お酒の飲み過ぎは控える

過度の飲酒は抜け毛や薄毛になる原因です。

お酒に入っているアルコールは肝臓で分解されますが、その時に髪の毛の生成に必要なアミノ酸やビタミンといった栄養素が大量に消費されます。

そのため髪の毛に必要な栄養素が、充分に頭皮まで運ばれてこなくなり栄養不足になってしまうことが原因です。

また大量のアルコールを肝臓で分解する際に、アセトアルデヒドといわれる毒性のある物質が発生します。

アセトアルデヒドが増加すると、AGAの原因であるDHTも増加すると言われていることから、薄毛の原因とも言われているからです。

お酒を飲む時は適度な量を心掛けて、飲み過ぎないように注意しましょう。

タバコは吸わない

タバコを吸うことは、髪の毛だけではなく人体にとっても百害あって一利なしです。

タバコに含まれるニコチンの影響によって、血管が収縮し血流が悪くなります。

そのため頭皮や髪の毛といった身体の末端にある部分は、血液や栄養素が行き届きにくくなります。

その結果、喫煙習慣のある人は頭皮が慢性的な栄養不足となり、抜け毛や薄毛が進行してしまう可能性が高いのです。

タバコにはニコチン以外にも一酸化炭素など多数の有害物質が入っています。

それらを分解するために、体内で多くの栄養素が消費されることも髪の毛に必要な栄養素が不足してしまう原因です。

タバコをすぐに止められない方が多いと思いますが、喫煙量を徐々に減らしたり、ニコチンを含まない電子タバコに変えたりすることをおすすめします。

AGA対策についてまとめ!

AGAは男性ホルモンの1種であるDHTの影響によるものが大きいです。

運動することでのメリットは確かにありますが、AGA対策としては不十分ですので、他の対策と組み合わせて行くことが大切です。

今回ご紹介した髪の毛に良い生活習慣を実践し、抜け毛や薄毛の予防・改善に取り組んでいきましょうね。

またAGAの症状が特に気になる場合は、育毛剤やAGAの専門クリニックなどを利用し、本格的な対策をすることもおすすめします。