ハゲの要因にコーヒーの飲みすぎが!?そんなことあるの?

ハゲ

ハゲの要因の1つにコーヒーの飲みすぎって考えられる?

コーヒーは、眠気を覚ましたりダイエット効果が期待できたりと、男女ともに人気の飲み物です。

ブラックのきりっとした苦味は、目も頭もスッキリさせてくれます。

朝起きたときや、勉強時には必ず飲むという方もいるかと思います。

しかし、「飲みすぎるとハゲるかもしれない」という話を聞いたことはありませんか?

実際のところ、コーヒーの飲みすぎとハゲには関係があるのでしょうか?

今回は気になる関係性と、気をつけたいポイントをご紹介します。

コーヒーの飲みすぎがハゲにつながる!?

結論から言うと、コーヒーの飲みすぎが原因でハゲる可能性はあります。

ポイントは「飲むと」ではなく、「飲みすぎる」という点です。

栄養価の高いものでも、過剰に摂取してしまうと、体にとっては悪影響を及ぼしてしまいます。

コーヒーも同じように、適量であれば問題ありませんが、飲みすぎは害になってしまうのです。

なかでもハゲに繋がってしまう理由について、以下に解説します。

コーヒーの飲みすぎるとハゲてしまうのはなぜ?

コーヒーには、目を覚まさせる作用、つまり覚醒作用があります。

この作用には、「カフェイン」が関係しています。

カフェイン配合により、眠気がとれる栄養ドリンクなども販売されていますよね。

それだけ、目を覚ます作用として有名な成分がカフェインなのです。

しかし、このカフェインにはハゲを促進させてしまうの可能性があるのです。

そのメカニズムと、カフェイン以外に考えられる要因について詳しく解説します。

カフェインがアデノシンを抑制するから

カフェインが原因でハゲる理由の1つが、アデノシンの抑制作用です。

アデノシンとは体内で作られ、髪の毛の成長や血行を促進する成分です。

アデノシンは毛根の先にある毛乳頭に働きかけるため、強く太い髪の毛へと育てます。

しかし、カフェインはこのアデノシンを抑制してしまう作用があります。

すると、血流が悪くなったり髪の毛の成長が滞ったりしてしまうため、ハゲやすくなってしまうのです。

カフェインが睡眠の質を落とすから

1日のうち、コーヒーを頻繁に飲んでいると、睡眠の質が落ちてしまいます。

これは、カフェインが脳の中枢に働きかけ、興奮させる作用があるためです。

通常であれば睡眠は脳の情報整理を行い、身体を休ませる大切な時間です。

このときに、髪の毛の成長を促す成長ホルモンも分泌されるのですが、睡眠の質が悪いと分泌量が減ってしまいます。

また、寝つきの悪さから睡眠時間も少なくなり、成長ホルモンの分泌量が減少します。

すると、髪の毛の成長が滞ってしまい、ハゲにつながってしまうのです。

タンニンが亜鉛の吸収率を下げるから

ここまではカフェインについてお伝えしましたが、コーヒーにはそれ以外にもさまざまな成分が含まれています。

その1つが、タンニンと呼ばれる成分です。

このタンニンには、亜鉛の吸収率を下げる作用があります。

亜鉛は、髪の毛を作り出すために必要な栄養素です。

つまり、亜鉛の吸収率が下がると髪の毛を作り出せる量が減ってしまうということですね。

亜鉛を食事やサプリメントなどで摂取している方は、飲む量を控えた方が良いでしょう。

身体の冷えにつながるから

夏など暑い季節には、喫茶店に入ってアイスコーヒーを飲む方も多いのではないでしょうか?

しかし、アイスコーヒーの飲みすぎもハゲやすくなる原因です。

その理由は、身体が冷えて血行が悪くなってしまうため。

血行が悪くなると、髪の毛に必要な栄養素を頭皮まで届けることができなくなってしまいます。

コーヒーを飲みたいのであれば、アイスよりもホットを選びましょう。

ただし、夏は熱中症に注意してくださいね。

コーヒーはハゲに良い効能を与えることもある!?

ここまでは、コーヒーによってハゲにつながるメカニズムをご紹介しました。

カフェインやタンニンなど、成分の作用でハゲを促進させる可能性があることが分かりました。

では、コーヒーを飲まないほうが良いのかと言うと、一概にそう言えるわけではありません。

適量であれば、ハゲにとって良い効能を与える可能性もあるのです。

これは、ハゲに悩まれている方の中でもコーヒーが好きな方には朗報ですね。

ではここからは、ハゲ予防の可能性について解説します。

カフェインがDHTを抑制する

ハゲるメカニズムの項でもご紹介したカフェインですが、一説によるとハゲ予防の効果もあるそうです。

これは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンが関係しています。

DHTは抜け毛の促進作用があり、男性型脱毛症(AGA)の原因となるホルモンです。

カフェインには、DHTを抑制する働きがあると言われているのです。

しかし、これについては現状それほど期待できる効果はないようです。

あくまで、「ハゲの抑制効果が多少あるかもしれない」程度と考えておきましょう。

クロロゲン酸が頭皮の血行を促進させる

ここで初めて出てくる成分の、クロロゲン酸。

クロロゲン酸はポリフェノールの1つで、血行促進効果が期待できる成分です。

血行促進とハゲの関係性については、前述のとおりです。

また、クロロゲン酸には、ダイエットや美白効果も期待できるそうです。

美白やダイエットを目指す女性にとっても、嬉しい成分ですね。

カフェインが有名なコーヒーですが、意外にもクロロゲン酸の方が含有量は多いそうですよ。

コーヒー以外にも!飲みすぎるとハゲにつながる飲み物って?

さて、ここまではコーヒーとハゲの関係性についてご紹介しました。

それ以外にも、世の中にはさまざまな種類の飲み物が存在します。

中には、コーヒー以外にもハゲにつながってしまう飲み物もあるのです。

もちろんカフェインを多く含有している栄養ドリンクなどの飲みすぎには、注意が必要です。

栄養ドリンクの過剰摂取は体調を崩す可能性もあるので、重々気をつけましょう。

それ以外にも、以下のような飲み物はハゲにつながる可能性があります。

お酒などのアルコール飲料

まず、気をつけるべきはお酒などのアルコール飲料です。

アルコールの飲み過ぎは、DHTの生成を促進してしまいます。

DHTは前述のとおり、抜け毛の増加を引き起こす原因となるので注意が必要です。

とはいえ、アルコールも適量の摂取であれば血行促進のメリットがあります。

コーヒーもアルコールも、飲みすぎは控えて適度に飲むことが大切ですよ。

特に忘年会など飲み会が重なる季節には、飲み過ぎに注意しておきましょう。

糖分が多いジュース

炭酸飲料などの甘いジュースも、頭皮にとって悪影響を及ぼす可能性があります。

糖分は、タンパク質や脂質と結びつく糖化という作用があります。

糖化は、血行不良によるハゲや白髪、シミ・シワの増加の原因となります。

ハゲだけでなく上記のような老化現象に悩まれている方は、糖分が原因かもしれません。

適度な糖分は脳のためにも大切ですが、ジュースの飲み過ぎには注意しましょう。

また、ジュース以外にもお菓子など甘いものが好きな方は注意しておきましょう。

凍らせた飲み物

最近では、コンビニやスーパーで凍らせた状態のドリンクを販売していますよね。

夏の暑い時期には、長い時間冷えた状態をキープできることから、外出時に人気の商品です。

しかし、冷たい飲み物の摂り過ぎは血行不良の原因となります。

夏季において、凍らせた飲み物は効率は良く身体を冷やせるのですが、冷やし過ぎには気をつけましょう。

飲み物以外に、夏野菜やアイスなどの食べ過ぎも身体を冷やす原因になります。

まとめ

今回は、コーヒーとハゲの関係性についてご紹介しました。

カフェインやタンニンなど、特定の成分にはハゲを促進してしまうものがありましたね。

しかし、同じカフェインであっても、適量であれば反対にハゲ予防の効果が得られる可能性もあります。

このように、同じ成分であっても、その働きを上手に活用することが大切ですよ。

基本的にはどんな食べ物も飲み物も、適量を超えると身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

食べ過ぎや飲み過ぎには注意して、ハゲを進行させないよう気をつけましょう!