育毛剤は医薬品?医薬部外品?どっちが本当なの?

育毛剤

育毛剤は医薬品じゃない!?医薬部外品って本当?

たくさん抜けていたのに、ピタッと止まった。
細い毛にハリやコシが出た。
フケや過剰な皮脂が治まってきた。

など、育毛剤の効果を実感した人もいるのではないでしょうか。

しかし、効果があるのに、医薬品ではないとしたら驚きませんか?

「っえ!?」と思った人は商品を確認してみてください。

医薬部外品と書かれてないでしょうか?

「部外品」だなんて、薬品ではないといってるように聞こえますよね。

そこで、育毛剤は医薬品じゃないの!?の疑問を解決していきましょう。

育毛剤は医薬部外品!

育毛ケアをはじめるために、医薬品の育毛剤が欲しいと思う人もいるでしょう。

その方がより高い効果を期待できると考えるのは自然なことかもしれません。

でも、ネットで探し回っても医薬品の育毛剤は見つかりません。

なぜなら、育毛剤は医薬部外品と化粧品の部類しかないからです。

医薬品と医薬部外品は似たような言葉でも大きな違いがあります。

そこで、これらの違いについて詳しく見てみましょう。

医薬品と医薬部外品の違い

ドラッグストアには、医薬品と医薬部外品に分類できる商品が多くあります。

たとえば、風邪薬などは医薬品と誰もが知るところですよね。

しかし、育毛剤、シャンプー、歯磨き粉、スキンケアなどは医薬部外品に該当するものがあります。

通常の商品より、医薬部外品と記載されている方がいいように感じますよね。

詳しく知らなくても、あえて選んでいる人もいるのではないでしょうか。

しかし用途や症状の進行状況によって、どちらを使用するのかが変わってきます。

ここでは医薬品と医薬部外品の違いについて説明したいと思います。

医薬品とは

医薬品は、主に治療を目的とした薬のことです。

臨床試験を経て、病気の治療や改善に効果のあるものを医師のもとで処方します。

厳密には、一部市販で買える大衆薬もあります。

配合成分や配合量に一定の決まりがあり、効果や副作用、安全性について日本薬局方に記されています。

厚生労働省から効果・副作用ともにすべてを認められている薬なのです。

育毛剤は、発毛を促進させる効果はあるものの、発毛効果そのものは認められていません。

つまり、医薬品に値する効果がないため、医薬品の育毛剤がないわけです。

医薬部外品とは

医薬部外品も厚生労働省が許可した範囲内の成分が一定濃度で配合されています。

しかし、治療できるほどの作用はなく、予防や衛生面をたもつことを目的にしています。

人体に対して作用が穏やかなため、有効成分が配合されていても医薬品ほどの効果はありません。

副作用については、医薬品よりもずっとリスクが低くなります。

つまり、育毛剤は抜け毛を予防するなどの頭皮環境を整える効果といえます。

厚生労働省が許可した成分と売り出していても、毛が生えてくることはないのです。

医薬部外品の育毛剤にはどんなものがある?

医薬部外品として売りだすには、審査や申請料などをすべてクリアしなければなりません。

厚生労働省が定めた範囲内の成分や配合量であるかが厳しくチェックされます。

それをすべてクリアしたものが、育毛剤や医薬部外品として記載できるようになります。

それでは、実際にどんな商品があるのか見てみましょう。

チャップアップ

チャップアップには、厚生労働省が許可した3つの成分が配合されています。

  • センブリエキス、
  • オウゴンエキス、
  • 海藻エキス(M-034)

これらの有効成分により、血行を促進させ炎症から頭皮を守ります。

血流の低下や環境悪化による抜け毛を予防する効果の認められた育毛剤です。

また、これらのほかにも多くの植物や果物のエキスが配合されています。

過剰な皮脂を抑えたり、頭皮の硬化・乾燥改善などのケアも期待できそうです。

プランテルEX

プランテルEXは2018年にリニューアルされました。

厚生労働省が許可した3つの成分は以下の通りです。

  • センブリエキス
  • グリチンリチン酸2K
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩

消炎効果に優れ、頭皮トラブルの予防効果の高い育毛剤です。

また、M字ハゲから薄毛全般へと育毛ケアとしてリニューアルされています。

脱毛因子をブロックする成分も従来よりパワーアップし、髪の元となる16種のアミノ酸も新配合。

特許出願中の独自成分も配合されているので、価格以上の効果に期待できそうです。

イクオス

イクオスにも、厚生労働省が許可した3つの成分が配合されています。

  • センブリエキス
  • グリチンリチン酸2K
  • 海藻エキス(M-034)

しかも、海藻エキスをトリプルで配合することで他社には真似できない育毛剤に進化しました。

また、脱毛因子や脱毛酵素をブロックし、毛根に浸透するよう低分子化したナノ水をベースにしています。

そして、ダイレクトジェットノズルにリニューアルされ、より使いやすくなりました。

医薬品の発毛剤にはどんなものがある?

発毛剤の形状や使い方は、育毛剤とよく似ています。

なので、医薬品と医薬部外品の区別がわかりづらいのかもしれませんね。

でも、名前の通り発毛のための薬剤なので、こちらは医薬品に分類します。

そこで、発毛剤にはどんなものがあるのか詳しく見てみましょう。

リアップシリーズ

市販で手に入る発毛剤といえばリアップです。

発売当初は大々的な宣伝もされ、大ブームとなりました。

発毛有効成分はミノキシジルです。

これを1%配合した商品が初代のリアップになり、現在も販売されています。

その後、シリーズ化され、爽快感を与えるリアップジェット、発毛環境を整えるリアッププラスも登場。

そして、最大5%のミノキシジルが配合されたリアップX5プラス。

女性バージョンは、ミノキシジル1%が配合されたエッセンスがありますよ。

ドラッグストアでも扱われますが、空箱や手の届かない場所で保管されています。

薬剤師による注意事項や説明あってようやく購入できます。

AGA治療薬

AGA治療のできる専門クリニックでは、効果の高い発毛剤を処方します。

たとえば、ロゲインは5%のミノキシジルが含まれる外用薬です。

男性だけでなく女性に向けたものもあり、液体タイプ、泡タイプなどの種類もあります。

また、外用薬だけでなく内服薬の治療の方が一般的です。

プロペシアザガーロで5αリダクターゼを抑制させ、男性ホルモンによる脱毛を予防します。

AGA治療薬もいろいろあるので、体質に合わせてドクターが適切に処方してくれますよ。

育毛剤(医薬部外品)と発毛剤(医薬品)はどっちがおすすめ?

効果だけを見れば誰しも医薬品である発毛剤の方が魅力的ですよね。

でも、医薬品は場合によって、副作用の方が上回る可能性もあるんです。

かゆみかぶれなどの程度の軽いものだけでなく、心臓、腎臓、肝臓の負担が大きくなります。

持病のある人は治療できないこともあります。

さらに、勃起不全乳房肥大、体毛が濃くなるなど思いもよらぬ副作用も報告されています。

そこで、どちらを使うべきなのか症状に合わせて選びましょう。

初心者は育毛剤から!

薄毛やハゲ対策の初心者さんは、医薬部外品の育毛剤からはじめてみましょう。

医薬品ほどの効果は確かにありません。

でも、その代り副作用の心配がほとんどなく長期的なケアが可能です。

抜け毛、フケや皮脂の気になり始めであれば、育毛剤で十分に対応できます。

有効成分だけでなく、浸透力や刺激性までこだわって作られている育毛剤を選ぶと効果を得やすくなります。

中級者は発毛剤!

すでに育毛剤を試したけど効果がなかった。

もしくは、薄毛やハゲの進行が進んでいる人は、医薬品である発毛剤がおすすめです。

医薬品でも発毛の効果までは長期的な治療になることもあります。

なので、育毛剤で様子を見る時間はムダになるどころか、手遅れになる可能性さえあるのです。

基本的に医薬品は、専門のクリニックでドクターから処方してもらうのがベストですよ。

薬に耐えられる身体であるか血液検査などでしっかりチェックするので安全に治療できます。

リアップを使う場合には、規定量使用方法は必ず守ってください。

個人輸入などで発毛剤を使う場合は、より危険性も高まるので気を気をつけましょう。

医薬品と医薬部外品についてまとめ!

チャップアップとリアップの商品をパッと見ると同じような形状です。

でも、同じように見えても実際には、効果が全く違います。

まして、一部を除いた医薬品と医薬部外品では購入場所も違うのです。

さらに、決定的な違いは副作用の危険性です。

育毛剤を少し多めに使ったとしても、ほとんどは植物エキスなので体内への影響は心配ありません。

しかし、発毛剤はもともと血圧を下げる薬だったので、体内への作用が強いといえます。

規定量を守らなければ重篤な副作用を引きおこすこともあります。

なので、薄毛の状態に合わせて医薬品と医薬部外品を選んではいかがでしょうか。