60代・70代女性の薄毛に使える育毛剤7選〜注意点も一緒にチェック〜

育毛剤

60代・70代の女性も育毛剤で薄毛を防ぎましょう!

髪の悩みに無縁だと思っていた女性でも、60代・70代には段々と薄毛に…。

加齢とともに、髪の毛はどんどんやせ細っていってしまいます。

結果、髪が全体的にボリュームダウンしてしまう人が多いのです。

髪は女の命ともいわれるほど、女性にとっては重要な部分ですよね。

「でも、もう60代・70代だから仕方ないのかなぁ。」

なんて諦めてはいませんか?

60代・70代でも育毛剤を使えば、まだ薄毛を防ぐ効果は期待できます。

諦めずに、育毛剤で薄毛予防に取り組んではみませんか?

60代・70代女性の薄毛におすすめの育毛剤を7つ紹介!

60代・70代におすすめの育毛剤をご紹介する前に、薄毛の症状についておさらいしましょう。

女性に多い薄毛の症状とは、髪全体のボリュームダウンです。

この症状は、さまざまな要因が絡み合って引き起こされます。

例えば、髪の毛を健康に保つための女性ホルモンの減少や、運動不足による頭皮の血行不良などが挙げられます。

では早速、女性特有の薄毛におすすめの育毛剤をご紹介します!

それぞれどのような特徴があるのか、チェックしてみましょう

マイナチュレ

まずご紹介するのは、女性用育毛剤の中でも知名度の高いマイナチュレです。

白を基調としたおしゃれなボトルは、一見育毛剤にはみえません。

マイナチュレは、使用者の9割以上がリピートするほど高い人気を誇っています。

そして、6ヶ月間は全額返金が保証されているため、初めての方でも安心して購入できますよ。

このことから、強いこだわりと自信を持って作られた育毛剤といえるでしょう。

そんなマイナチュレに配合されているのは、27種類の天然成分と10種類のアミノ酸。

薄毛の原因となる頭皮環境の悪化を改善し、健康な髪の毛を生やす導く効果が期待できます。

さらに11種類の添加物は一切配合していません。

60代・70代の方はもちろん、妊娠中や授乳中の方も安心の育毛剤です。

公式サイトをチェック

ベルタ育毛剤

次に最初にご紹介するのが、ベルタ育毛剤です。

ベルタ育毛剤は「-10才を目指す」をモットーに、女性のために作られた育毛剤です。

32種類の頭皮・育毛ケア成分がナノ化されており、60代・70代の硬くなった頭皮にも浸透しやすくなっています。

さらに、イザヨイバラエキスとヒオウギ抽出成分が、ハリ・コシのある髪の毛へ導きます。

もともと女性の肌は敏感になりやすく、60代・70代になればより肌への負担が心配になりますよね。

ベルタ育毛剤は、そうした肌への負担も考えています。

配合比率99.6%が天然由来成分でできており、合成香料等16もの添加物が無添加となっています。

60代・70代で初めて育毛剤を使う方にもおすすめですよ。

公式サイトをチェック

ミューノアージュ

ミューノアージュは、皮膚科医との共同開発で生まれた女性のための育毛剤です。

こちらは、加齢とともに細くなっていく髪の毛に着目して作られました。

ミューノアージュの特徴は、1剤と2剤を組み合わせて使うことです。

1剤には、8つのアミノ酸で構成されている頭皮保護成分「オクタペプチド-2」と、頭皮環境を整える成分が配合されています。

2剤には、センブリエキスやピロクトンオラミンなど、5つの有効成分が配合されています。

これらの成分が髪の毛の成長を促します。

さらにミューノアージュは、香料・着色料など6つの添加物が無添加なので、肌に優しく使えます。

アルコールフリーのため、カラーやパーマ後でも安心して使用することができますよ。

公式サイトをチェック

花蘭咲

こちらは名前のとおり、蘭の花のひとつ「エビネ蘭」を配合しています。

エビネ蘭には「カラントサイド」と「グルコインディカン」という成分が含まれています。

カラントサイドには血行促進効果、グルコインディカンには抗炎症作用があります。

この2つの成分で頭皮の血行を促進させ、頭皮環境を整える効果が期待できます。

さらに、花蘭咲にはその他にも3つの有効成分と、10種類の天然成分が配合されています。

これらの成分が薄毛にアプローチし、ハリとボリュームのある髪を取り戻すはたらきをします。

また、香料・着色料・合成界面活性剤・パラベンの4つの添加物は配合されていません。

ただし、アルコールが配合されているため、敏感肌の方は注意しましょう。

長春毛精

長春毛精は、薄毛専門サロンと生薬の力を合わせて作られた育毛剤です。

そんな長春毛精には、シャクヤクエキスやアロエエキス、甘草など和漢12種類が配合されています。

これらの成分が頭皮環境を整え、髪の毛が生えやすい状態へ導く効果が期待できます。

さらに、成分が頭皮により浸透するように、独自製法で成分を髪の毛の直径1/1000までナノ化しています。

加齢や冷え、ダイエットなどが原因で薄くなった髪の毛にはたらきかけてくれますよ。

しかし、長春毛精の凄いところはこれだけではありません。

定期購入すると、専門サロンで薄毛ケアを年2回無料で受けることができるのです。

頭皮のチェックやケア、アドバイスなどを聞きたい方は、定期購入をおすすめします。

リジュン

リジュンには、特許出願中の「フルボ酸」と「リデンシル」が配合されています。

フルボ酸は腐葉土の中に微量にしか存在せず、フルボ酸が1cmつくられるためには、実に100年を要します。

そんなフルボ酸には、体内の細胞を活性化し、アルカリや酸性の偏りを中性に近付ける作用があります。

リデンシルは、髪の毛を成長させる役割をもつ毛母細胞に働きかけ、成長を促す効果が期待できます。

また、そのほかにも抗酸化作用や脱毛予防効果が期待できるといわれています。

この2つを主成分として作られたリジュンには、それ以外にも72種類の成分が配合されています。

浸透力を高めるため、72種類の成分はすべてナノ化されているのも特徴です。

ふんわり髪を諦めたくない、60代・70代の方におすすめの育毛剤ですよ。

柑気楼

柑気楼はテレビでも紹介されている、人気育毛剤です。

柑気楼の「柑」は、配合されている青柚子や橙、青みかんのことを指しています。

これらの成分は頭皮を保湿し、頭皮にビタミンを補う効果が期待できます。

さらに、中国の漢方でも使われる甘草とセンブリ、そして高麗人参、3種の生薬成分も配合されています。

これらは頭皮のフケやかゆみを抑え、髪の毛が成長しやすい頭皮環境へ整える作用があります。

そして、ドクダミエキスとクララエキス2種の和漢エキスが、60代・70代の乾燥しがちな頭皮に、潤いを与えてくれますよ。

無香料・無着色・低アルコール、かつ弱酸性で肌への刺激を極力抑えています。

男性でも使えますので、ご夫婦での使用もおすすめですよ。

60代・70代女性の薄毛に育毛剤を使うときの注意点

ここまでは、60代・70代の薄毛に悩む女性におすすめの育毛剤をご紹介しました。

ご紹介した中に、気になる育毛剤はありましたか?

もし、これから購入することを検討されている場合は、先に注意点を読んでおきましょう。

注意点を読んでおくと、育毛剤を購入する上で伴うリスクを減らすことができます。

まだ購入を検討しているも、しっかりチェックしておきましょう!

すぐに育毛効果は実感できない!

まず、注意していただきたいのが育毛剤の効果についてです。

育毛剤は、使用してすぐに育毛効果を実感できるわけではありません。

「育毛剤を使っていれば、あっという間に髪の毛が太くなるはず。」

このように思われている方も少なくありません。

しかし、残念ながら育毛効果が表れるためには最低でも3ヶ月は必要と言われています。

さらに、60代・70代になると、効果が表れるまでの時間は長くなる可能性があります。

そのため、すぐに効果が表れなかったとしても諦めずに継続するようにしましょう。

生活習慣の見直しも同じくらい大事!

育毛剤の継続と同時に、生活習慣を見直すことも大切です。

さきほども述べたとおり、育毛剤は年齢を重ねるほど効果が出にくくなります。

しかし、反対に薄毛は引き起こりやすくなっています。

そのため、ささいな生活習慣の乱れでも、薄毛を悪化させてしまうことがあります。

「育毛剤を使っているから大丈夫」と思わず、生活習慣もしっかりと改善していくことが大切です。

60代・70代の女性が育毛剤と一緒にやりたい薄毛の対処法!

以上、育毛剤の注意点をご紹介しました。

育毛剤の効果はすぐに出るわけではないこと。

そして、生活習慣の改善も同時におこなう必要があることがわかりましたね。

では、生活習慣の改善とは、具体的にどのようにすればいいのでしょうか?

下記で、60代・70代の方が取り組みやすい生活習慣の改善方法をご紹介します!

簡単にできるので、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね

軽い運動を生活に取り入れる

まず、生活習慣を改善する上で、基本となる方法は軽い運動を取り入れることです。

60代・70代になってくると、身体を動かすのが億劫だと感じる方も多いでしょう。

しかし、運動不足になると体の血行が悪くなり、髪の毛の栄養不足の原因になります。

そのため、生活の中に軽い運動を取りいれるように意識する必要があります。

しかし、あまり無理に動いてしまうと体を壊してしまう恐れがあり、逆効果になりかねません。

軽いストレッチや、天気が良い日は散歩に出るなどし、無理のない範囲で体を動かしてくださいね。

目の使いすぎには注意する

目の使いすぎには注意するようにしましょう。

加齢とともに、視力が衰えたり、老眼になったりする方もいます。

目のピントが合いづらくなると、活字などを見る度に目に疲労がたまっていきます。

目に疲労がたまると、それを治すために体内のビタミンやL-シスチンが使われます。

これらは、髪の毛にも必要な成分です。

つまり、目に疲労が溜まれば溜まるほど、髪の毛の必要な成分が目に使われてしまうことになります。

結果的に、目の使いすぎが原因で髪の毛の成長が滞ってしまうことも。

定期的に目を休ませることが大切ですよ。

髪に必要な栄養を食事で摂取する

髪に必要な栄養は、なるべく食事で摂取するようにしましょう。

中には60代・70代になり、食欲が落ちてきた方も多いのではないでしょうか?

しかし、薄毛予防のためにはしっかりと食事を摂る必要があります。

薄毛予防のために積極的に摂りたいのは、3つの栄養素です。

1つは、髪の毛の主成分となるタンパク質。

もう1つは、髪の毛の成長を助けるミネラル。

そして最後が、頭皮環境を整えるビタミンです。

タンパク質には動物性と植物性の2種類があります。

動物性は肉や魚、植物性は大豆などに豊富に含まれていますよ。

これらの栄養素をバランスよく摂れるのが、理想の食生活です。

どうしても摂りきれないときにはサプリメントで補い、基本は食事で摂るようにしましょう。

規則正しい睡眠リズムを心がける

加齢とともに、寝つきが悪くなった方もいるでしょう。

しかし、規則正しい睡眠も薄毛対策には欠かせません

毎晩一定のリズムで、しっかりと眠れることが、理想的な睡眠といえるでしょう。

しかし、寝つきが悪くて、睡眠時間が減っている場合には注意が必要です。

人間は、寝ているときに脳と体を休ませています。

しかし、睡眠時間が減ってしまうと、心と体は無意識のうちにストレスを受けてしまいます。

この状態が続いてしまうと、ストレスが蓄積され、薄毛を引き起こしてしまうことがあります。

寝つきが悪い時には日中体を動かすようにし、寝る前に温かいものを飲むなどしてみましょう。

優しく頭皮マッサージをする

頭皮マッサージも、薄毛予防効果が期待できます。

これは、頭皮マッサージをすると頭皮の血行が促進されるためです。

特に60代・70代の女性は、頭皮が硬くなっている方も少なくないでしょう。

そのため、頭皮マッサージは積極的に取り入れたい薄毛対策といえます。

頭皮マッサージは、頭皮ブラシ、もしくは自分の指をつかっておこないます。

マッサージをおこなう場合は、力を入れすぎないように注意しましょう。

強い力だと頭皮に傷がつき、頭皮環境が悪化してしまいますよ。

まとめ!

今回は、60代・70代の女性ができる薄毛対策についてご紹介しました。

若いころに比べて、髪の毛が細くなってきてしまうのは自然な現象でもあります。

とはいえ、やはり女性はいつだって若く見られたいものですよね。

髪の毛の印象は、見た目の印象にも大きく関わります。

今日できる対処法から育毛剤まで、さまざまな薄毛対策を取り入れて、若々しい印象をゲットしましょう!