育毛剤の匂いが気になる人でも使えるのはある?詳しく解説!

育毛剤

育毛剤の匂いが気になる…

育毛剤のニオイは気になりますか?

近くにいる人がニオイを気にしているような気がする、という経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、育毛剤の匂いについて考えていきます。

せっかく育毛剤で頭皮ケアをしようと思ったが、ニオイが気になって使うことができない…。

そんなことになってしまうのは、もったいないことです。

気になるのはなぜなのか?

ニオイを悪くしてしまう原因はあるのか?

そのような視点から解説します。

育毛剤の匂いが気になるのはなぜ?

そもそも、匂いが気になるのはどうしてなのでしょうか。

それには、さまざまな要因が考えられます。

どのような要因があるのかを知ることで、対処法がわかることもあるかもしれません。

気になるのは、すべてのものにあてはまるものではなく、相性が合わないだけかもしれません。

実際に使用してみなければわからない部分も大きいのですが、対処法へのヒントになるでしょう。

有効成分の強い匂い

まず、原因と考えられるものに、有効成分の匂いがあります。

育毛剤の有効成分の中には、強いニオイを発するものもあります。

育毛剤にどのような有効成分が含まれているかということは、選ぶ上で重要視する部分でしょう。

しかし、その有効成分がどのような匂いなのかについては、説明を読んだだけではわかりません。

実際に嗅いでみなければ、気になるかどうか判断できない部分と言えます。

アルコール成分の刺激臭

次に考えられるのは、アルコール成分の刺激臭です。

市販されている多くの育毛剤に、アルコール成分が含まれています。

なぜならば、アルコール成分を配合することにメリットがあるからです。

アルコール成分が含まれていることのメリットはいくつかありますが、育毛剤の品質を守る点もその1つです。

アルコール成分が含まれていることで、容器の中で雑菌が繁殖することを防ぐ効果もあります。

また、成分を混ざりやすくするなどの役割もあります。

香料の匂い

次に挙げるのは、香料です。

香料が含まれている場合、それが気になる場合もあります。

香料については、種類によって異なるものです。

そのため、種類を変えて香りが変わると、気になる匂いではなくなる可能性もあります。

しかし、その香料についても、実際に嗅いでみなければわからないものです。

柑橘系の香料を使用している、などの説明書きがあれば、なんとなく予想はつけられるかもしれません。

頭皮自体の皮脂の匂い

理由として最後に挙げるのは、頭皮自体の皮脂のニオイである場合についてです。

何もつけていない時には気にならなかったから、皮脂のせいではないと思われますか?

何もつけていない時には気にならない程度だったものが、育毛剤をつけることで匂いが増す場合もあります。

それは、育毛剤と混ざったことで発しているものかもしれません。

育毛剤自体の香りは気にならなかったのに、実際に使い始めたらニオイが気になるようになったというケースもあるでしょう。

育毛剤の匂いをもっと悪くするNG行動

匂いが気になる場合に、できることはないのでしょうか。

実は、知らず知らずのうちに、もしくはよかれと思ってやっていることが育毛剤を使用した時の匂いを悪くしている可能性もあります。

そこで、ここでは匂いをもっと悪くするNG行動についてみていきます。

もしNG行動をやってしまっていた場合には、そこに気を付けるだけでも気になっているものは軽減するかもしれません。

ここでは、3つのNG行動について解説します。

洗髪剤で隠そうとする

まず1つ目のNG行動は、洗髪剤の香りで隠そうとすることです。

隠そうとすると余計に目立つ、もしくはバレやすくなるという意味では何事も同じかもしれません。

人間ですので、頭皮が全くの無臭ということはありません。

その頭皮の匂いと、育毛剤の匂いと洗髪剤の香り…。

さまざまなものが混じり合うことで、独特な匂いがますます強化されそうなことは想像できるのではないでしょうか。

新たな香りでごまかすような方法はおすすめできません。

梅雨の時期に使用する

梅雨の時期に使用することも、気になる原因かもしれません。

梅雨の時期には湿気が高く、髪の毛のハネやうねりが気になる方は少なくありません。

髪の毛の悩みが増える季節とも言えるでしょう。

育毛剤の匂いに関しても例外とは言えません。

なぜなら、梅雨の時期には湿度が高くなることで、雑菌や細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

生乾きのタオルから嫌なニオイがすることがあるように、雑菌が繁殖するとニオう原因となってしまいます。

過度につけ過ぎている

育毛剤の用法・用量は守っていますか?

それぞれのメーカーが指定している使用方法を守っていますか?

なんとなく適当につけている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

ニオイが気になる原因が、過度につけ過ぎている場合もあります。

量が多すぎると、その分匂いもきつくなるのは当然のことですね。

たくさんつければ効果も大きくなるものではありません。

用法・用量をもう一度確認して、それを守って使用するようにしましょう。

匂いがほとんどない育毛剤【男性用】

これまでみてきた内容から、使用方法を見直すと、特に気にならなくなる場合もあるかもしれません。

しかし、やっぱり気になる場合には、匂いがほとんどないものを使ってみてはいかがでしょうか。

ここでは、男性用と女性用にわけて、匂いがほとんどない育毛剤を3種類ずつご紹介します。

気にせず育毛剤を使用したいと思われる場合には、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、まずは男性用のものからご紹介していきます。

チャップアップ

まず初めにご紹介するのは、チャップアップです。

チャップアップは、無添加無香料です。

鉱物油、石油系界面活性剤なども使用していません。

頭皮に効果のある成分としても、天然由来成分も多く使用しています。

ビワ葉エキス、牡丹エキスなどの植物エキスや抽出液が配合されているのです。

天然由来成分を多く配合して作られているものの方が匂いが少ないとも言われています。

また、15種類のアミノ酸も配合されています。

薬用ポリピュア

次にご紹介するのは、薬用ポリピュアEXです。

薬用ポリピュアも、無香料です。

着色料や鉱物油、石油系界面活性剤も使用していません。

公式ホームページでも、ニオイが気にならないという口コミが多く見られました。

さらに、べたつきがなく気にならないという感想も多かったです。

薬用ポリピュアには、独自に研究開発された成分「バイオポリリン酸」が含まれています。

この成分は、頭皮の新陳代謝を活性化する働きが期待できます。

HG-101

最後にご紹介するのは、HG-101です。

HG-101も、無香料のものです。

HG-101の主要成分は、ヒノキエキス、スギエキス、オオバコエキス、マツエキス、センブリエキス、ニンジンエキスです。

100%植物由来の成分で、頭皮環境の改善を目指します。

HG-101を開発したのは株式会社フローラという会社です。

ここは、HB-101という植物活力液を製造している会社です。

植物の専門家とも言える会社で、植物を活性させる有効成分を地肌や頭皮用に独自に研究し、開発された育毛剤と言えるでしょう。

匂いがほとんどない育毛剤【女性用】

次に、匂いがほとんどない女性用の育毛剤についてご紹介します。

もちろん男性も、育毛剤のニオイを気にする方もいらっしゃるでしょう。

しかし、女性はさらに育毛剤のニオイを敏感に気にする方が多いのではないでしょうか。

周りに育毛剤を使っていると思われたくない。

そのような気持ちで使用をためらってしまうと、薄毛への対策が遅れてしまうことにもなりかねません。

使ってみたいけれど匂いが気になって躊躇してしまうという方は、ぜひ以下のものを参考にしてみてください。

ベルタ

まず1つ目にご紹介するのは、ベルタです。

ベルタは、無添加の育毛剤です。

香料も含まれていません。

99.6%が天然由来成分でできており、頭皮への優しさにこだわっています。

そのため、妊娠中や授乳中にも使用することができるのです。

また、有効成分をナノ化しています。

そのため、栄養成分が毛穴の奥までしっかり浸透するのです。

女性の薄毛の原因に特化した成分にこだわって作られている、女性のための育毛剤と言えます。

マイナチュレ

次にご紹介するのは、マイナチュレです。

マイナチュレも、女性の薄毛の原因を研究し、開発された育毛剤です。

無添加にこだわっていて、香料も含まれていません。

いくら効果的な有効成分が入っていても、髪の毛に必要ない成分が含まれていては効果が軽減されてしまう。

そのような考えから、頭皮に必要ないものは一切入れない点にこだわっています。

ビワ葉エキスや牡丹エキスなどの天然植物由来成分が27種類配合されている育毛剤です。

カランサ

最後にご紹介するのは、カランサです。

カランサも、香料は含まれていません。

カランサには、希少なエビネ蘭エキスが含まれています。

最新の研究で、このエビネ蘭エキスにしか含まれない貴重な成分があることがわかったのです。

その成分を、強く美しい髪を育てるためにたっぷり配合してあります。

そのほかにも、ユズやローズマリーなど、計10種類の天然植物エキスが配合されているのです。

使用された方の感想にも、香りや刺激が少なく使いやすいというものがありました。

匂いがどうしても気になる人は育毛剤以外の方法を試そう!

ここまでに、育毛剤の匂いの原因や、強めてしまう行動についてみてきました。

そして、匂いがほとんどない育毛剤についてもご紹介しました。

しかし、やはりどうしても育毛剤のニオイが気になって使うことができない!

そのような方は、無理に使うべきではないでしょう。

育毛剤以外の方法を試してみることをおすすめします。

育毛剤以外の方法にはどのようなものがあるのか。

以下に、2つの方法をご紹介します。

タブレットタイプのものを服用する

まずは、頭皮に塗るタイプの育毛剤ではなく、タブレットタイプのものを服用する方法です。

飲む育毛剤と呼ばれたり、育毛タブレットと呼ばれたりします。

しかし、直接口に入れるものですから、頭皮に塗るタイプの育毛剤よりも慎重に選ぶことをおすすめします。

種類によっては、個人で輸入することができるものもあります。

しかし、専門のクリニックなどで処方してもらうことをおすすめします。

個人輸入については、安全面や品質面でリスクが大きいためです。

育毛シャンプーを使用する

次におすすめするのは、育毛シャンプーの使用です。

育毛シャンプーは、頭皮環境を整えることを目指して作られているシャンプーです。

そのため、洗い過ぎを防ぐために洗浄力が強すぎないなどの工夫がされています。

洗浄力が強すぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまうなどの薄毛の原因にもなるからです。

育毛シャンプーは育毛剤と違い、頭皮につけた状態で生活するものではありません。

匂いの種類も違いますので、育毛剤の匂いが苦手な方でも試してみる価値はあるでしょう。

まとめ

育毛剤のニオイを気にしながら使っても、精神的にストレスを感じてしまっては意味がありません。

ご自身が心地よく育毛剤を使うことができるように、これまで解説したことが参考になれば幸いです。

育毛剤の匂いが気にならなくなる使い方に気が付くかもしれません。

匂いが気にならない育毛剤に出会えるかもしれません。

どうしても育毛剤の匂いが合わないということに気が付くかもしれません。

そのときには、育毛剤以外の選択肢もありますので、ぜひ頭皮ケアを続けてください。