育毛剤・発毛剤で副作用は出る?どんな症状が起こるの?

育毛剤

育毛剤・発毛剤を使用すると副作用は出る?

ふと鏡に映った頭皮がなんだか薄い!

そんなとき育毛剤や発毛剤を手に取った経験がある方も多いのではないでしょうか?

しかし、育毛剤・発毛剤を使って具合が悪くなったりはしませんでしたか?

もしかしたらそれは、育毛剤・発毛剤による副作用症状化もしれません。

今回はそんな育毛剤・発毛剤の副作用の有無と対処方法について解説していきますよ。

育毛剤・発毛剤の副作用の有無は?

これから解説していく上でまず確認しておきたいのは、育毛剤や発毛剤で副作用が出るのか否かですね。

まず、育毛剤は医薬部外品に分類されています。

生えている髪の毛を強くしたり頭皮環境を整えて髪が生えやすい環境に導く効果が期待できる商品です。

一方、発毛剤は医薬品の扱いになり、髪の毛自体を生やす効果が期待できるものです。

医薬部外品と医薬品でしたらもちろん医薬品の方が効果は高くなりますが、その分副作用が出やすくなります。

つまり育毛剤よりも発毛剤の方が副作用の可能性は高いということですね。

ただし育毛剤の配合成分によっては体質に合わないものがある場合もあるので、一概に副作用が無いとは言えません。

育毛剤・発毛剤による主な副作用

副作用と一言で言っても、その症状は様々です。

たとえば同じ薬を飲んでいても全くケロッとしている人もいれば、体調が著しく悪くなってしまう人もいます。

しかし、育毛剤や発毛剤による副作用としてどういったものが起こり得るのかを知っていれば事前に警戒することができますよね。

特に持病がある方はしっかり読んでおきましょう。

重い症状

まず心配するべきは、日常生活に支障をきたすレベルの重い症状です。

これは特に発毛剤に起こり得る可能性が高い症状です。

もし現在発毛剤を使用していて、下記のような症状が出ている場合はただちに使用を中止してください。

動悸やめまい

心臓がどくどくと強く脈打つ動悸を感じたり、息がしづらい。

もしくはふらふらとめまいがするようであれば副作用の症状がでている可能性があります。

動悸や息切れは心臓の働きが一時的におかしくなっていることから起きる症状です。

一方、めまいは血圧が下がる立ちくらみのような状態のものであることが多いでしょう。

この副作用は発毛剤に配合されている成分が原因だと言われています。

これらの症状が起きた場合は怪我をしないように座り安静にしましょう

腹痛や吐き気

胃や腸の消化器官が弱っていたり、消化力が落ちている場合、腹痛や吐き気などの副作用が出る場合があります。

それほど強い薬でなくても多少は胃の負担となるため、身体が弱っているときに飲んでしまうと副作用を起こす要因になってしまいます。

普段問題がなくても風邪を引いているときや病気の時には使用を中断しておきましょう。

性欲減退・性機能の低下

育毛剤や発毛剤、そして治療薬の中には男性ホルモンに作用して薄毛を抑制する効果を発揮する成分も配合されています。

男性ホルモンは薄毛を引き起こしてしまう一方で、男性らしい身体をつくるために必要なものでもあります。

これを抑制してしまうということは、男性の性機能を低下させたり性欲を減退させる副作用が起きてしまうこともありえます。

妊娠を望まれている方やもともと性機能に不安がある方は、使用前に一度専門医に相談してみましょう。

軽い症状

ここまで重い副作用症状についてご紹介しました。

これらに関しては治療薬や発毛剤など、医薬品に分類される強い成分を配合している場合に確率が高くなります。

育毛剤の場合は、副作用が出たとしても基本的には以下のような軽い症状で済む場合が多いでしょう。

初期脱毛

増毛のために使用していたものの副作用が脱毛と言うのも不思議な話ですが、多くの方が起こる副作用でもあります。

髪の毛を増やしたいのに抜け毛が増えるとギョッとしてしまいますが、メカニズムを知っておけば心配する必要はないことがわかりますよ。

そのメカニズムとは薄毛になるような頭皮環境によって、弱くなった髪の毛が抜けて強いものに生え変わるというものです。

抜け毛が増えているのはヘアサイクルが乱れて、髪の成長が阻害されているから。

育毛剤や発毛剤はこのヘアサイクルの乱れを正す効果があるのです。

つまり、初期脱毛が起きたらそれは古く弱い髪の毛から新しく強い髪の毛へ生え変わる第一歩だと思ってもらえれば良いでしょう。

髪の毛が抜けていることで不安になってしまうとストレスになって、せっかく改善している頭皮にとって悪影響になってしまいます。

最初は驚くかもしれませんが、これから髪の毛が生えるんだとゆったり構えておきましょう。

頭皮の痒みやかぶれ

育毛剤や発毛剤は頭皮に直接塗布する製品が多いですよね。

その中にはもしかしたら自分の肌に合わないものもあるかもしれません。

すると頭皮の痒みやかぶれが引き起こされる場合があります。

頭皮が赤くなっていたり湿疹があるようならアレルギー症状かもしれないので、使用を中止して様子をみましょう。

ただし一時的な痒みの場合は血行が促進されたことに起因している場合があるので、そこまで心配する必要はないでしょう。

発汗

育毛剤や発毛剤を使うことで血行が促進されると、かゆみ以外にも発汗しやすいという副作用が出る場合があります。

じんわりと汗をかく程度であれば心配する必要はありませんが、それ以外に吐き気やのぼせ感がある場合には使用を中止しましょう。

また、汗を放っておくと雑菌が増殖して臭いや抜け毛の原因となってしまいます

そのままにしておかずに、拭き取ったりシャワーを浴びるなどして頭皮は清潔に保つようにしましょう。

育毛剤・発毛剤の使い方に注意!副作用が出やすいのは?

育毛剤や発毛剤を使用するうえで、今までお紹介したような副作用がでる可能性は理解しておく必要があります。

そのうえで、どういった場合に副作用が出てしまうのかも同時に理解しておくとより安全に使用することができますよ。

目的以外の用途で使用する

まず大切なのが、頭皮の抜け毛予防・発毛促進と言う目的以外の用途で使用しないということです。

例えばまつ毛を伸ばしたいからといって、まつ毛に発毛剤をつけるなどはしてはいけません。

まつ毛にはまつ毛用の美容液などを使用して、髪用の育毛剤や発毛剤は頭部だけに使用してください。

もちろん脇やヒゲなども同様です。

体調不良時に服用している

先ほど副作用の重い症状についての項でも触れましたが、体調不良時には使用を中断した方が良いでしょう。

普段は問題ないものでも胃腸の働きが弱っていると、腹痛や胃痛、もしくは下痢になってしまいます。

さらに体調不良時は免疫力もおちているため頭皮のかぶれなどアレルギー症状が出る場合もあります。

また、体調不良における治療薬を服用している場合には、飲み合わせが悪くて薬の効果が出なかったり重篤な副作用が出る場合もあります。

まずは身体をしっかり休めて体調を治すことを優先しましょう

服用方法や容量を間違える

育毛剤・発毛剤、もちろん治療薬もすべてにおいて適切な用法容量があります。

注意書きやパッケージ、医師からの話をよく聞いてこれらを守ることが副作用を起こさないために大切なポイントです。

中にはいっぱい使った方が早く効果を実感できるのではないか、と考えて副作用が起きてしまう方もいます。

しかし育毛剤・発毛剤・治療薬すべてにおいて、決められた用法用量が一番安全で効率の良い状態で摂取できるのです。

ですから、自己判断で使用しないようにしましょう。

副作用が出やすい発毛剤の成分って?

発毛剤は育毛剤に比べて強い成分が配合されており、副作用が出やすいことはお伝えしましたね。

ではその強い成分とはどういった物なのか、もう少し詳しくお話ししていきましょう。

デュタステリド

デュタステリドはAGA治療薬として、専門クリニックでも処方されるザガーロと言う薬の主成分です。

クリニックでも出すくらいですから、その効果は医師からも信頼されていることがわかりますね。

しかしそんなデュタステリドには副作用が出やすいという欠点があります。

もちろん全員がなるわけではありませんが、使用者の内1割に副作用が起きているという検査データもあります。

デュタステリドは男性ホルモンに働きかけるため、前述の副作用の性欲減退や性機能の低下が割合として多くなっています。

ミノキシジル

市販発毛剤のCMや店頭の広告などでもよく耳にするミノキシジル。

髪の毛の発毛を目指す場合には、頭皮に直接塗るタイプのものが一般的ですね。

ミノキシジルは血管を拡張させることで血行を促進し、発毛を促す効果があります。

その反面頭皮のかゆみや炎症を引き起こす場合があります。

また、ミノキシジルは本来高血圧症の血圧降下剤として使用されていた薬ですのでもともと低血圧の方の使用には適していません。

フィナステリド

フィナステリドはAGA治療薬において特に有名なプロペシアの主成分です。

効果はデュタステリドに似ていますが、それよりもやや弱いものになります。

そのぶん副作用の可能性はデュタステリドに比べて低く、AGA治療時はまずこちらを使ってみるという場合も多くあります。

副作用の割合としては男性機能障害0.7~1.1%と、デュタステリドと比べて低いのは明確ですね。

ただし飲酒の習慣がある方や肥満の方、肝臓に持病がある場合には肝機能障害の副作用を起こす場合があるため使用不可となっています。

副作用が出にくい育毛剤を知りたい!

発毛剤や治療薬はどうしても副作用の危険性が付きまといます。

健康に自信はないけど、薄毛が気になる…そうお悩みの方もいるでしょう。

そんな方には、以下にご紹介する副作用が出にくい育毛剤の使用がオススメです。

チャップアップ

チャップアップは育毛ローションですので、さらっとした使い心地で簡単につけることができます。

配合しているものは天然由来成分、かつ無添加・無香料ですので肌に優しく使うことが可能です。

先ほどミノキシジルの副作用についてお伝えしましたが、チャップアップにはミノキシジルに似た成分が配合されています。

それがM-034という海草エキス。

効果は似ていますが海藻から抽出していますので、体に優しく副作用の心配がありません。

定期購入コースなどもあるので、お得に手に入れることができますよ。

ブブカ

ブブカは濃密育毛剤と謳うだけあり、頭皮や髪の毛の為に必要な成分を惜しみなく配合しています。

その数なんと49種類にも上ります。

前述のM-034のほか、男性ホルモンの抑制効果のあるオウゴンエキスや血行促進効果のあるセンブリエキスなどが配合されています。

アミノ酸など髪の毛に必要な栄養素も配合されているので、薄毛を抑制しつつ髪の毛のハリ・コシを取り戻す効果も期待できますよ。

こちらも定期コースがあり、こちらのコースですと無料でサプリメントが付いてきてとってもお得です。

イクオス

イクオスも上記二点と同様M-034を配合しているため、ミノキシジルに似た効果を安全に期待することができます。

安全の理由はそれだけでなく、天然由来成分38種、アミノ酸16種など体に負担の少ない成分で作られているのです。

また、イクオスの特徴は何といってもその発毛力です。

使用者の78%が3ヶ月以内に発毛を実感されているとのこと。

育毛剤でありながら、その高い発毛力に驚かれる方も多いようですよ。

プロペシアやザガーロは女性の使用ができませんが、イクオスは男女兼用で使用できるのも嬉しいポイントですね。

育毛剤の副作用でわからないことは専門医に相談しよう

発毛剤や治療薬に関しては医薬品ですので、医師や薬剤師から使用上の注意などを受ける場合が多いでしょう。

しかし、育毛剤の場合は医師や薬剤師を通さずに手軽に購入することができます

だからこそもし育毛剤の使用後気になる症状があれば、早めに専門医を受診した方が良いでしょう。

まとめ

今回は育毛剤・発毛剤で起こる可能性がある副作用についてご紹介しました。

薄毛の悩みはナイーブな問題ですから、誰かに相談し辛いという方も多いかと思います。

しかし、もし副作用のような体調の変化があった場合は一人で抱え込まずに専門医に相談をするようにしましょう。

育毛剤や発毛剤をつかって健康な髪の毛を手に入れるのと同時に、健康な体でいられるようにしてくださいね。