薄毛の原因と対策|あなたの髪が抜ける理由はコレ

薄毛

薄毛の情報をすべてお伝え!

朝起きた時の枕元や洗髪時に大量の抜け毛。

年々ボリュームがなくなっている生え際や頭頂部。

これって薄毛かも…とネットで調べたことはありませんか?

さまざまな情報がありますが、たくさんありすぎて結局知りたいことが分からない!ということも…。

そこで今回は、薄毛の原因と対策をすべてまとめてお伝えします!

薄毛の症状一覧!あなたはどれに当てはまる?

qimono / Pixabay

薄毛といってもさまざまな症状があります。

症状によっては原因が異なることもあるため、まずは自分の症状がどれに当てはまるかを知りましょう。

生え際など前頭部の薄毛

前髪のボリュームダウン、生え際の後退、M字、U字の薄毛です。

少しずつ進行し、ある日鏡を見て突然気が付いてドキっとするのではないでしょうか。

さまざまな原因がありますが、前頭部の薄毛の原因は男性ホルモンが大きく関わるとされています。

脱毛にかかわるDHT(ジヒドロテストステロン)は前頭部に多く分泌されているため症状がでやすいのです。

その他にも、シャンプーがしっかり流せておらず生え際に残ることで頭皮に刺激を与えていたり、髪をセットする時に強く引っ張るなどの外的刺激によっても症状が出やすい部分です。

前頭部の薄毛は頭部全体の薄毛の始まりともいえますので、早めのケアが重要になります。

つむじなど頭頂部の薄毛

つむじ周りやO字に現れる薄毛です。

頭のてっぺんはなかなか人目に触れませんし、自分でも見えづらいので気付いた時は驚きますよね。

頭頂部の薄毛も、生え際と同じく男性ホルモンが関係している場合が多いです。

生活習慣の乱れからも薄毛が進行しやすいので、食生活や睡眠を見直しましょう。

後頭部の薄毛

頭の後ろや襟足に見られる薄毛です。

男性ホルモンが原因のAGAによる薄毛は、生え際や頭頂部から進行することがほとんどです。

しかし、まれに後頭部も一緒に薄毛が進行する場合もあります。

生え際・頭頂部の薄毛も気になるようであればAGAを疑ったほうがよいでしょう。

後頭部だけ薄毛の症状がある場合には、毛穴が皮脂に詰まって起こる「脂漏性脱毛症」やフケが多くて毛穴が詰まる「ひこう性脱毛症」、ストレスなどによっておこる「円形脱毛症」の可能性も考えられます。

側頭部の薄毛

薄毛症状の多くは生え際や頭頂部がほとんどで、サイドの毛は残ることが多いです。

しかし、最近はサイドの薄毛に悩む人が増加しています。

その原因は眼精疲労による側頭部の血行不良。

PCやスマホの操作で目を酷使すると疲労により血行が悪くなります。

目の血管は側頭部に繋がっている為、側頭部の血行が悪くなり頭皮に栄養が行き渡りづらくなるのです。

もし、側頭部の薄毛が気になり始めたら、目を酷使していないか注意してみましょう。

その薄毛の正体は大きく分けると3つ!

薄毛の症状について簡単にご説明しました。

男性ホルモンが関わる薄毛が多いですね。

では、あらためて男性ホルモンとはどのように薄毛を引き起こすのでしょうか。

また、それ以外にも薄毛を引き起こす原因はあるのでしょうか。

薄毛を引き起こす原因は大きくわけて3つあります。

AGA(男性型脱毛症)

「男性型脱毛症」ともいわれるAGA。

男性の多くの薄毛の症状は、このAGAが原因であると言われています。

髪の毛は通常、2年~7年かけて太く長い髪に育つというヘアサイクルがあります。

ヘアサイクルが正常であれば、髪の毛は太く健康的に育ち、抜け落ちるまでにも時間を要するため薄毛にはなりません。

しかし、AGAになった場合、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの影響でヘアサイクルが短くなり、髪が十分に育つ前に抜け落ち、薄毛症状が起こります。

場所ごとの薄毛でも記述しましたが、このDHTは生え際や頭頂部に多く存在するため、AGAが原因であった場合は生え際・頭頂部から薄毛が進行します。

FAGA(女性男性型脱毛症)

男性に多いAGAとはメカニズムや症状が違うことから、区別するために名付けられた女性特有の薄毛です。

女性も男性に比べると量は少ないですが男性ホルモンを持っており、若いうちは女性ホルモン量が多いため影響を受けず過ごせます。

しかし、加齢とともに女性ホルモンの量が少なくなるとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの影響を受け薄毛になってしますのです。

そのため、男性ホルモンによって局所的に薄毛の症状が見られるAGAとは違い、髪の毛が細く、コシがなくなり、全体のボリューム不足としてあらわれる特徴があります。

生活習慣の乱れ

不規則な生活は頭皮環境を悪化させ、髪の成長を妨げ薄毛の原因となります。

  • 過度なダイエットや、偏った食生活
  • 慢性的な睡眠不足
  • 運動不足
  • ストレスを常に感じている

上記の中に当てはまるものがあれば、できるだけ改善したほうが頭皮環境に良いでしょう。

しかし、現代社会において全く乱れていない生活習慣を送るのは難しいのが現状です。

すぐに完璧にする必要はないですが、薄毛を改善したいのであれば最低限、食事と睡眠だけはしっかり整えたほうがよいでしょう。

生活習慣の乱れの具体的なお手入れ方法は次の項目でご紹介します。

薄毛の主な原因と対策方法【7選】

薄毛の正体は、「AGA」・「FAGA」・「生活習慣の乱れ」の3つであることが分かりました。

では、これらを引き起こす原因を対策することはできるのでしょうか。

薄毛の具体的な原因とその対策方法を7つご紹介していきます!

男性ホルモン(DHT)の増加

男性の薄毛の場合、多くの要因となるAGA。

AGAの項目でもご紹介しましたが、薄毛を引き起こす要因となるのが「男性ホルモン(DHT)」です。

元は筋肉や体毛を増加させる「テストステロン」という男性ホルモンに、5αリダクターゼという還元酵素が結合し変換されたものです。

このDHT(ジヒドロテストステロン)の体内での分泌が一定以上を超えると薄毛としてAGAの症状が出てきてしまうのです。

そのため、薄毛を改善しようと思った場合、この「5αリダクターゼの働きを抑制し、DHTの量を減らす」ことが重要になります。

5αリダクターゼを抑制する方法は、AGAクリニックで飲み薬を処方してもらう他に、抑制効果のある成分が配合された育毛剤を使う、また生活習慣を正す方法があります。

加齢・老化

加齢による衰えは身体や肌だけでなく、頭皮にも影響します。

頭皮の潤い・柔軟性が保たれなくなり、新陳代謝が若いころのように活発に行われなくなるとヘアサイクルが乱れます。

血行も悪くなり、毛根に栄養が行き渡らなくなるので、髪1本1本が細く地肌が目立つようになるでしょう。

加齢による薄毛は、局所的に表れるというよりは、全体的に髪が細くコシがなくなることで目立つようになります。

ただ、加齢だからと言って薄毛が改善しないわけではありません。

年齢とともに衰える部分は、正しいケアをすることでその働きをサポートすることができます。

食事で髪に必用な栄養を十分に摂り、質の良い睡眠で髪を修復する時間をとり、育毛剤などを使って頭皮環境を整えることでしっかりとケアができます。

遺伝

薄毛と遺伝は深く関りがあります。

薄毛に関わる遺伝子は、現在分かっているもので2つあるとされています。

  • 5αリダクターゼの活性力を決める遺伝子
  • アンドロゲンレセプターの感受性を決める遺伝子

男性ホルモンの項目でも記述した、男性ホルモンを変換させる「5αリダクターゼ」。

この還元酵素の働きが活発であると、多くのDHTが作られるため薄毛が進行しやすいのです。

5αリダクターゼが活発に働くかどうかは、遺伝によって決まっています。

そして、DHTは薄毛に関係するとお話ししましたが、実はDHTは作られただけですぐ薄毛になるわけでありません。

アンドロゲンレセプターという、ホルモンを感知する場所に反応することで髪の成長が妨げられるのです。

このホルモンを感知する感度の高さは遺伝すると言われています。

そのため、アンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほど薄毛になりやすいのです。

これらの遺伝子は、母親から受け継ぐX染色体に含まれる情報であるとされるため、母方から薄毛情報は遺伝すると言われています。

100%遺伝するわけではないのですが、自分に薄毛の遺伝子があるか気になる人は遺伝子検査ができるクリニックもあるので相談してみると良いでしょう。

薄毛になりやすい遺伝子がある場合、それを変えることはできません。

しかし、どれだけDHTの感度が高くてもそれを作らせないよう5αリダクターゼを抑制すれば薄毛の対策はできます。

遺伝的に薄毛になる可能性があるのであれば、お手入れを万全にしましょう!

睡眠不足

髪の毛は寝ている間に成長し、日中のダメージを修復します。

そのため、睡眠が不足していると十分に髪の毛が成長しなくなってしまうのです。

髪の毛の成長に関わる「成長ホルモン」は、寝始めてから3時間後に最も多く分泌されると言われています。

よって、この成長ホルモンが多く分泌されている間に質の高い睡眠をとることが大事です。

仕事などで忙しくたくさんの睡眠時間が確保できないという方は、質の高い睡眠にこだわりましょう。

寝る前のスマホやテレビを避ける、寝酒をやめる、食事は睡眠の2時間前に済ませるなど工夫が大切です。

乱れた食生活

髪の成長に必要な栄養は食事から摂取します。

また、栄養は生命維持に必要な場所に優先的に供給されるため、髪の毛に届くのは後回しになります。

そのため、過度な食事制限や偏食があると髪の生成に必要な栄養が毛根に届かないのです。

ただ、規則正しくバランスの良い食事をとればいいと分かっていてもなかなか難しいですよね。

そこで髪の成長に必要不可欠な「タンパク質」「亜鉛などのミネラル」「ビタミン」だけは欠かさないということを意識してしっかりと摂取しましょう!

また、油分の多い食事は男性ホルモンを増加させる要因となるため外食が多い人は注意してください。

運動不足

運動すれば毛が生えてくるわけではありませんが、運動不足で薄毛が進行することはあります。

運動不足は血行不良に繋がることがあります。

髪の毛の栄養は血流によって運ばれるため、血行が悪いと成長の妨げとなってしまうのです。

加齢とともに運動量は減ってきますので、できるだけ意識して運動をするようにしましょう。

また、適度な運動はストレス発散にもつながり薄毛対策に繋がります。

ウォーキングなどの有酸素運動はとくに効果的ですので、ぜひ取り入れてみてください。

過度なストレス

ストレスは頭皮の血流を悪くし栄養が行き渡りにくくなったり、睡眠の質を悪化させることで薄毛を進行させる原因となります。

また、円形脱毛症などの突発性の脱毛症もストレスが関係すると考えられており、頭皮にとってよくないものであるのは間違いありません。

しかし現代において、まったくストレスを感じずに生きていくのは難しいです。

ストレスを発散する方法を探し、適度にガス抜きをするように心がけましょう。

これも!?意外な薄毛の原因もチェック【5選】

ここまでは薄毛の主な原因とその対策方法7つをご紹介しました。

しかし、実は他にも薄毛を引き起こす意外な原因があるのです!

喫煙・タバコ

タバコは百害あって一利なしと言いますが、薄毛にも害があります。

  • ニコチンが血管を収縮させ血行不良に繋がる
  • 髪の生成を助けるビタミン類が破壊され栄養が行き渡りにくい
  • 男性ホルモン(DHT)が増加する

主に頭皮の血行を悪くし、髪の成長を妨げることで薄毛の原因となります。

また、心配なのが男性ホルモンの増加です。

アメリカのハーバード大医学の研究では、喫煙をすることで男性ホルモンが10~30%増加するという結果がでています。

薄毛が心配な人、薄毛が気になっている人はできるだけ禁煙をしたほうが良いでしょう。

過度な飲酒

飲酒は適度であればストレス発散にもなり問題はありません。

しかし、過度に飲みすぎると薄毛を進行させる原因になります。

  • 髪の元になる栄養素がアルコールを分解する時に多く消費される
  • アルコールが栄養の吸収の邪魔をして髪に栄養が届かない
  • 過度な飲酒で男性ホルモン(DHT)が多く作られる

せっかく食事で取り入れた栄養素も、過度な飲酒によって消費されてしまっては髪の成長に繋がりません。

適度なお酒は、ストレス発散、血行促進など頭皮にもいい影響がありますので飲みすぎに注意しましょう。

目の疲れ(眼精疲労)

目の疲れだから関係なく思えますが、眼精疲労は育毛の妨げとなる可能性があります。

  • 眼精疲労によって肩・首が凝り頭皮の血行が悪くなる
  • 眼精疲労の回復のために育毛に必要なビタミン類が多く消費される

仕事上パソコンを使っていたり、日常でもスマホを使うことを考えるとどうしても目を使う頻度は高くなります。

目を酷使してしまった分は、ストレッチやアイマスクをしてしっかりと労わりましょう。

また、眼精疲労を改善するサプリメントを取り入れるのも一つの方法です。

女性ホルモンの減少

薄毛のお話をすると男性ホルモンの話が多くなりますが、実は女性ホルモンも関係があります。

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛を発達させ成長を持続させる働きがあるからです。

そのため、女性ホルモンが減少すると髪の成長が滞り薄毛の症状が現れます。

一般的に、年齢を重ねるにつれて女性ホルモン量が減少していきますが、最近では生活習慣の乱れなどによって若くてもホルモンバランスが乱れ薄毛の症状が現れることもあります。

生活習慣の乱れを改善しホルモンバランンスの乱れを整えることでしっかりとお手入れをしましょう。

間違った髪の手入れ

薄毛対策のために、良かれと思ってやっている頭皮ケア。

なかなか効果が出ない、むしろ薄毛が進んでいる…ということはありませんか。

そんな時に見直していただきたいNGお手入れは以下の通りです。

  • 頭皮の洗いすぎ
  • シャンプーの洗浄力が高すぎる
  • 育毛剤、整髪料のつけすぎ
  • 頭皮マッサージ、ブラッシングの力が強すぎる

特に注意したいのが、洗髪についてです。

私たちが毎日行う一番身近なヘアケアがシャンプーではないでしょうか。

汚れをしっかり落とすために、と洗浄力の強いものでゴシゴシと洗っては頭皮のダメージとなってしまいます。

シャンプーは、洗浄力のやさしいもので不要な汚れだけをしっかり落とすことを意識して行いましょう。

また、頭皮は基本皮膚なので、マッサージやブラッシングの時も爪を立てず、程よい力加減で触ることを心がけましょう。

本気で薄毛対策をしたい方におすすめの方法

ここまでは、薄毛の原因を取り除く対策をご紹介しました。

では、より積極的に薄毛をケアするにはどのようなお手入れを取り入れると良いのでしょうか。

具体的な方法をご紹介します。

育毛剤を使う

積極的に薄毛をお手入れしようと思ったら一番最初に思いつく方法ではないでしょうか。

育毛剤はさまざまありますが、どの商品も頭皮環境を整える成分が豊富に含まれています。

どれを選べばいいのか迷ってしまうと思いますが、チェックしてほしいのポイントは1つ!

男性ホルモン(DHT)を作らないようにする働きがあるかを見てください!

薄毛の原因にアプローチする成分が入っているかで効果が実感できるかが変わります。

このあとおすすめの育毛剤についてもご紹介します。

頭皮マッサージ

頭皮の血行を促すために効果的な方法がマッサージです。

時間をとってやろうと思うと難しいですが、私たちは毎日シャンプーをする時に頭皮を触る時間があります。

簡単でもいいので毎日継続すると頭皮環境の改善につながります。

簡単なマッサージ方法を紹介してくれている動画もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

頭皮のツボ押し

薄毛対策において、簡単に取り入れることができるのがツボ押しです。

ツボを押したぐらいでどうにかなるのか…と疑いたくなりますが、血行促進に効果的です。

薄毛対策におすすめのツボはいくつかありますが、一番簡単なものを紹介します。

百会(ひゃくえ)

画像にあるように、頭のてっぺんにあるツボです。

身体の緊張をほぐし、リラックスさせ全身の血行を良くする効果が期待できます。

百会は、顔の中心と両耳を結んだ線がぶつかる場所にあります。

人差し指と中指で痛気持ちいいくらいの強さでグっと押してみてくださいね。

植毛・増毛を行う

ご紹介した薄毛対策は、毛根が残っている場合には有効です。

しかし、すでに毛根がなくなっている場合には髪を増やすことはできません。

そのため、どうしても髪を増やしたい場合は、植毛・増毛も検討してみると良いでしょう。

増毛は、短時間で手軽に髪を増やすこともできます。

自毛植毛であれば、まだ生きている自分の毛根を移植するため、移植後は髪が抜けても成長し髪が生えるようになるメリットがあります。

ただメスを使った外科手術になることや、髪が生えそろうまでの時間がかかるなどデメリットもありますので、お医者さんと相談し検討しましょう。

育毛シャンプーを使う

毎日使うシャンプーを、頭皮環境を整える効果があるものに変えるのも効果的です。

シャンプーに求める効果は、やさしい洗浄成分でしっかり汚れを落とすことですが、頭皮をケアする成分が贅沢に配合された商品も数多く販売されています。

各社で返金保証制度も用意され、手軽に試せるものも多くありますので自分に合った商品を探してみましょう。

後ほどおすすめのシャンプーをご紹介します。

専門のクリニックに行く

薄毛の原因や対策方法についてご紹介しましたが、素人で原因を特定するのは難しいこともあります。

お手入れをしてもなかなか結果が出ない時は、専門のクリニックに相談してみましょう。

薄毛対策はスピード勝負。

毛根が活動を止めてしまってからでは間に合いません。

病院に行くの勇気がいりますが、頑張っても駄目だった場合は早めに検討しましょう。

薄毛対策に特におすすめのヘアアイテム

積極的な薄毛対策の中で、育毛剤、育毛シャンプーの使用をご紹介しました。

しかし、育毛剤もシャンプーも数多く販売されていてどれを使えばいいか迷いますよね。

そこで、薄毛対策に効果的な商品をおすすめします!

育毛剤チャップアップ

育毛剤人気No.1ともいえる商品です。

チャップアップは男性の薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制するための成分が配合されています。

さらに、さまざまな角度から薄毛対策ができるように83種類もの育毛成分を配合しています。

頭皮への刺激もなく、匂いもほぼないのでどなたでも使いやすい商品と言えます。

効果実感の声も多いので、はじめての育毛剤選びで迷った時には、一番に検討してみると良いでしょう。

ベルタ育毛剤

女性用育毛剤では人気の高い商品です。

女性の薄毛のほとんどはホルモンバランスの乱れが関係しています。

ベルタ育毛剤は、56種類の育毛成分を配合しホルモンバランスの乱れの改善に特化した商品です。

男性でももちろん使用することはできますが、男性の場合にはチャップアップを使用したほうが良いでしょう。

チャップアップシャンプー

おすすめのシャンプー選びのポイントは、やさしい洗浄成分であることと記述しました。

チャップアップシャンプーは、頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分を使用し、頭皮環境を整えるオーガニックエキスを配合した商品となっています。

男女問わず使えて、ノンシリコンシャンプーでありながら使用感も悪くないと人気を得ています。

薄毛対策はいつから始めればいいの?

具体的にいつから、という決まりはありませんが、お手入れは早めに始めることが大切です。

薄毛の原因でも紹介しましたが、遺伝的に薄毛の可能性がある方は特に注意したほうがいいでしょう。

また、すでに薄毛の症状がある方は早急にお手入れを開始しましょう!

薄毛はそのままにして自然と改善するものではありません。

生活習慣を改善していくことは大事ですが、育毛につなげるには時間がかかります。

育毛剤などを使った積極的なお手入れをはじめることをおすすめします。

薄毛の原因を知って対策しましょう

薄毛についてまとめてご紹介しましたが、いかがでしたか?

この記事を読まれている方は、現在薄毛のお悩みや心配があるのだと思います。

薄毛の原因は複合的で、これをすれば改善できる!というわけでもないのが難しいところですが、何か一つでもお手入れに取り入れることで薄毛の進行を食い止めることができるかもしれません。

自分でできることに限界を感じた時には、クリニックへの相談も視野に入れてお手入れを頑張ってみましょう!